「機動戦士ガンダム」から40年経て語られる真実

「アジア主義者としての安彦良和」の本質

『機動戦士ガンダム』のアニメーションディレクター・安彦良和氏は、アジア主義の姿をどう捉え、描こうとしているのでしょうか?(写真:coward_lion/iStock)  
『機動戦士ガンダム』のアニメーションディレクターとして知られる安彦良和氏。今年NHKで放映されたアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』に心揺さぶられたファンは多いだろう。
一方で、安彦氏は専業マンガ家に転身以降、近代の東アジアを舞台に「暴力と戦争」を描く歴史作家としても人気を博している。安彦氏はなぜ、日本・中国大陸・朝鮮半島という舞台を選んだのか。
東アジアのこれからを考えるうえでのヒントを探すべく、安彦氏へ20時間に及ぶ取材を行い、その記録を『安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本』にまとめた杉田俊介氏と、安彦作品の愛読者であり、『アジア主義 西郷隆盛から石原莞爾へ』という著作をもつ中島岳志さんが「アジアと安彦良和」について語り合った。

矛盾した人間は、イデオロギーに還元できない

杉田俊介(以下、杉田):今年、『安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本』という本を刊行して、中島さんにも読んでいただきました。まずは率直な感想を聞かせてください。

中島岳志(以下、中島):私にとって、安彦良和さんは1つの像によってはっきりと捉えきれないところがあったので、面白く読ませていただきました。

最初に読んだのは、中国東北部に存在した満洲国について描いたマンガ『虹色のトロツキー』で、大学生のときでした。アジア主義や超国家主義に関心を持っていましたので、それはどんぴしゃのタイミングでしたね。

次に読んだのが『王道の狗』でした。とくに金玉均(朝鮮李朝末期の政治家)が、どんなふうに描かれているのか関心がありました。

杉田:その当時、安彦さんについてはどんな印象を持ちましたか。

中島:そのとき、私は安彦さんが『機動戦士ガンダム』に関わりのある人だとも知りませんでした。かなり特殊な、アジア主義関連の歴史マンガを描く人だと思っていた。その後私は『中村屋のボース』という本を書くのですが、安彦さんがアジアに触れようとする手触りは、おそらく私がラース・ビハーリー・ボースについて感じた手触りとよく似ていて、そこに共感したのかもしれません。

杉田さんは『安彦良和の戦争と平和』のなかで、人間は矛盾や葛藤を抱える、「虹色」の存在であると解説されましたね。そのようにして安彦さんは、アジア主義的な人間たちの姿に迫っていく。私たちは歴史を何らかの主義や主張、つまりイデオロギーを中心に考えてしまいがちなのですが、矛盾した人間は、そもそもそうしたイデオロギーに還元できないはずです。

次ページボースは「まれびと」のような人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。