「機動戦士ガンダム」から40年経て語られる真実

「アジア主義者としての安彦良和」の本質

ボースも右か左か、日本かアジアかという構図では割り切れない、「まれびと」のような人です。しかも華々しく成功はできずに、通常の歴史から忘れられてしまう。だから『中村屋のボース』を書きながら、自分の仕事はひどく孤独だ、とも感じていました。

その点で安彦さんのお仕事には勇気づけられました。杉田さんが今回の本で捉えようとしているのも、そうした善悪二元論とか、左右のイデオロギーとかでは割り切れないものでしょう。そこから人間の可能性や歴史観の硬直を突破しようとする。そこが安彦さんと響き合ったのではないか。

杉田 俊介(すぎた しゅんすけ)/1975年、神奈川県生まれ。法政大学大学院人文科学研究科修士課程修了。文芸誌・思想誌などさまざまな媒体で文学、アニメ、マンガなどの批評活動を展開し、作品の核心をつく読解で高い評価を受ける。著書に『宮崎駿論』(NHKブックス)、『ジョジョ論』『戦争と虚構』(作品社)、『長渕剛論』(毎日新聞出版)、『無能力批評』(大月書店)、『非モテの品格』(集英社新書)などがある(撮影:編集部)

杉田:今回、安彦さんのご自宅に通って20時間ほど取材しましたが、最初は「マンガ家としての安彦良和」にテーマを絞るつもりでした。僕は安彦さんのマンガを愛読していましたが、すでに膨大な広がりをもつ「ガンダム」シリーズについての知識は十分ではありませんでした。もちろん『機動戦士ガンダム』(『ファーストガンダム』)については、小学生の頃、夕方の再放送で見てはいたのですが。

「ガンダム」論はたくさんありますが、安彦さんのマンガについて正面から論じたものはまだ少ないと感じていた。企画段階としては、安彦マンガ全体のブックガイド的な性格の本にするつもりでした。

けれども、安彦さんとお話ししているうちに、やっぱり安彦さんにとって『機動戦士ガンダム』に参加した、という協働経験の意味はとてつもなく大きく、決定的なものだった、という事実がわかってきた。そこから、アニメーター・監督としての安彦さんと、マンガ家としての安彦さんをつなぎ合わせて、トータルに論じるための視点が必要だと理解したんです。

中島:本のなかに、安彦さんが『虹色のトロツキー』の連載終了後に「あんた何が描きたかったの?」と聞かれて、「さあ何だったろう」と答えた、というエピソードがありますね(笑)。「それ、いいな」と思いました。

自分で何を書けたかわかってしまっている本はつまらない。そもそもアジア主義にしても、簡単に結論の出る話ではありません。結論を出した瞬間、アジア主義の魅力の一切は消えてしまう。結論の出ないものをひたすら拾おうとし続けてきたのが、安彦さんのお仕事なのでしょう。

なぜタイトルが『虹色のトロツキー』なのか

杉田:安彦作品で特に気に入っている作品はありますか。

中島:『虹色のトロツキー』はやっぱりいちばん好きですね。

杉田:確かに最もまとまりがないというか、次にどっちに行くか全然わからないような物語になっています。

中島:とにかくいろいろな意味でわからない作品です。タイトルがなぜ『虹色のトロツキー』なのか、ということすらぼやけていく。

次ページ『虹色のトロツキー』に表れているアジア主義的な感覚とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。