「赤字はダサい」好きへのこだわりが成功を呼ぶ 内田和成×遠山正道「仕事の発想力を磨く」

印刷
A
A

内田:新しいことを作り出すことのほうが好きなので、そこに自分の全精力を注げるよう環境を整えているようにも聞こえますね。

遠山:それはあるかもしれません。私自身としては、趣味と言われるのはすごく嫌なんです。ちゃんと成立しないといけないし、赤字はダサい。赤字でいいなら、誰にでもできますから。

0から1を生み出す

内田:なるほど。道楽は嫌なのですね。先日、私はイスラエルを訪問したのですが、現地の人によると、イスラエルは第2のシリコンバレーではない、という。

イスラエルは0を1にするのが大好きだが、シリコンバレーは1を10や100にするのが得意な場所だ。というのも、0を1にする場合、ほとんど金にならない。本当に新しいものを出すのが、自分たちの存在価値であり、シリコンバレーとの差別化になっているのだ、と。それを聞いて、なるほどと思いました。

遠山 正道(とおやま まさみち)/株式会社スマイルズ代表取締役社長。1962年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、1985年三菱商事株式会社入社。2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、ネクタイ専門店「giraffe」、セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」、ファミリーレストラン「100本のスプーン」、コンテンポラリーフード&リカー「PAVILION」、海苔弁専門店「刷毛じょうゆ 海苔弁山登り」を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。著書に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるというビジネスモデル-PASS THE BATONの軌跡』(弘文堂)がある(撮影:Makoto Hada)

遠山さんも0から1をつくるほうが好きで、それをやり続けたいタイプのようですね。

遠山:今の文脈で言うと、そうなりますが、これまでやってきたスープも、ネクタイも、のり弁もすべて昔からあるもので、0から生み出したものではないかもしれません。

内田:それは謙遜に聞こえます。「スープとはこういうものだ」という既存の定義を違う角度で仕立て直すと、まったく違うビジネスになる。そこが遠山さんの0から1で、ユニークさだと思いますが。

遠山:その意味で言うと、スープストックトーキョーも「なんでこうなっちゃうの?」という世の中に対する疑問やいら立ちから生まれました。そういうものは、世の中にはたくさんあり、例えば人事制度などでも、「なんでこうなっちゃうのか?」をどんどん変えていくのは面白いと思いますね。

次ページ新しいアイデアはいつ、どのように思いつく?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT