アジア太平洋の安全保障は、アメリカ中心のままでいいのか?

アジア太平洋の安全保障は、アメリカ中心のままでいいのか?

アジア太平洋地域の安全保障は、ヨーロッパの北大西洋条約機構(NATO)のような地域的な集団的自衛機構ではありません。アメリカを中心に、日本、韓国、フィリピン、オーストラリア・ニュージーランドが二国間の安全保障条約を締結するという仕組みになっています。つまり、アジア太平洋には、「日韓安全保障条約」や「日フィリピン安全保障条約」のようなアジアの国間の条約がなく、アメリカを中心とした安全保障条約しかないのです。

 こうした安全保障システムを、「ハブ・アンド・スポーク(Hub-and- Spokes)」と呼びます。アメリカをハブとして、他国を二国間条約というスポークで動かすシステムになっているために、そう呼ばれるようです。

 今回はこのハブ・アンド・スポークについて、話をさせていただきます。なお、正直なところ、安全保障に関しても、色々と勉強しながら書かせていただいていますので、至らないところが多々ありますが、お許しください。

「ハブ・アンド・スポーク」とは何か?

 ハブ・アンド・スポークという名は、自転車の車輪からきています。タイヤとその中心であるハブをスポーク(車輪の軸受けから放射状に延びている綱線)でつなげ、回転するというものです。

 この言葉がよく使われるのは、情報ネットワークの世界です。昔のコンピュータは、真ん中に大きなコンピュータ(メインフレーム)があり、その周りに小さなコンピュータ(端末)がつながるという形になっており、これを「ハブ・アンド・スポーク」と呼んでいました。(私はこれでも情報工学科出身です。)

 ただ、このシステムは、非常に古いですね。今は皆様がご存知のとおり、ウェブで分散してつながるようになっています。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT