医師も知らない実は間違っている「医療神話」10

魚油では心臓病リスクを軽減できない

今まで正しい医療知識と信じられていたのに、近年になり間違いが指摘された10の「医療神話」をご紹介します(写真:freeangle/PIXTA)

一般的な医師の診察は豊富な科学的裏付けがあると思っているかもしれない。しかし、最近の研究で、日常的な診療400件近くが有力学術誌に掲載された研究論文と完全に矛盾していることがわかった。

医学誌『JAMA』と『ランセット』に2003〜2017年に掲載された論文と、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に2011〜2017年に掲載された論文、計3000本以上を調査したところ、10本のうち1本以上が医師の間で広く受け入れられてきた見解とは逆の結論を示していた。

ピーナツアレルギーにまつわる勘違い

「謙虚な気持ちになるだろう」と、この調査を発案したオレンゴン健康科学大学のビナイ・プラサド博士は言う。「非常に賢明で善意のある人々が(論文とは逆のことを)長年行ってきた。しかし、彼らは間違っていた」。

研究結果に反する見識の一部は否定されるようになったが、すべてではない。プラサダの研究チームは信憑性のない診療や見識がどれほど広まっているかを把握しようとしている。

かつて広く信じられていた説と相反する10の報告を紹介しよう。

■ピーナツアレルギーの発症は、3歳未満にピーナツを摂取したかどうかとは関係ない

小児科医は親たちに、子どもが3歳になるまではピーナツを与えないよう助言してきた。しかし、1歳未満でピーナツを摂取した場合もピーナツアレルギーを発症するリスクが増すことはない。

次ページ魚油やイチョウの葉に関する「間違い」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。