医師も知らない実は間違っている「医療神話」10

魚油では心臓病リスクを軽減できない

今まで正しい医療知識と信じられていたのに、近年になり間違いが指摘された10の「医療神話」をご紹介します(写真:freeangle/PIXTA)

一般的な医師の診察は豊富な科学的裏付けがあると思っているかもしれない。しかし、最近の研究で、日常的な診療400件近くが有力学術誌に掲載された研究論文と完全に矛盾していることがわかった。

医学誌『JAMA』と『ランセット』に2003〜2017年に掲載された論文と、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に2011〜2017年に掲載された論文、計3000本以上を調査したところ、10本のうち1本以上が医師の間で広く受け入れられてきた見解とは逆の結論を示していた。

ピーナツアレルギーにまつわる勘違い

「謙虚な気持ちになるだろう」と、この調査を発案したオレンゴン健康科学大学のビナイ・プラサド博士は言う。「非常に賢明で善意のある人々が(論文とは逆のことを)長年行ってきた。しかし、彼らは間違っていた」。

研究結果に反する見識の一部は否定されるようになったが、すべてではない。プラサダの研究チームは信憑性のない診療や見識がどれほど広まっているかを把握しようとしている。

かつて広く信じられていた説と相反する10の報告を紹介しよう。

■ピーナツアレルギーの発症は、3歳未満にピーナツを摂取したかどうかとは関係ない

小児科医は親たちに、子どもが3歳になるまではピーナツを与えないよう助言してきた。しかし、1歳未満でピーナツを摂取した場合もピーナツアレルギーを発症するリスクが増すことはない。

次ページ魚油やイチョウの葉に関する「間違い」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。