ひざの痛みに悩む人が意外と知らない根本原因

湿布やサプリが「効く」「効かない」の差

年齢やシチュエーションによってではなく、実はおおもとの原因は同じです(写真:spukkato / PIXTA)
肩や腰の痛みを手軽にケアできる商品に、湿布やサプリメントがあります。ドラッグストアに行けば選ぶのに迷うほど豊富な種類が並んでいますが、それらを使っても、効いているのか効いていないのかよくわからない……というのが本当のところではないでしょうか。
『やってはいけないセルフケア 肩こりは肩をもんでも治りません』の著者である財前知典氏が、湿布やサプリメントとコリや痛みの関係について、理学療法士の立場から解説します。

湿布薬が効くコリと効かないコリがある

結論から言いましょう。

コリや痛みには、湿布薬が効く場合と効かない場合があります。

その理由は湿布薬に含まれる成分、「抗炎症剤」に関係しています。抗炎症剤とは文字通り炎症を抑える薬です。つまり、湿布薬は炎症を起こしている場合に限って効果があるのです。


たとえば、肩の不調についてみてみましょう。

肩こりは肩の筋肉が緊張しているために起こります。炎症を起こしているわけではないので、湿布薬を貼っても改善されません。

一方、五十肩の痛みは肩や腕の筋肉の炎症によって起こります。そのため、湿布薬を患部に貼って皮膚から抗炎症剤を浸透させれば、それなりに痛みを軽減させる効果が期待できます。

ぎっくり腰も腰の関節の炎症によるものですから、湿布薬を貼れば痛みの改善が期待できます。

次ページ「湿布薬が効く痛み」を見極めるコツとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。