「相田みつを」に学ぶ、正解なき時代の生き方

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

代表作の一つ「にんげんだもの」。なぜ人は、相田みつをに揺さぶられるのだろう (©相田みつを美術館)

毎度突然で恐縮だが、読者の皆様は、「相田みつを」(1924~1991)をご存じだろうか。詩人・書家の相田みつをは、経営者、主婦、小学生など幅広い層に支持され、歴代の総理がスピーチで引用したこともあれば、刑務所内で共感され、あっという間に広まることもあるという。

ではなぜ、彼は、世代や職種など関係なく、ここまで人の心を揺り動かすのか。数々の傑作を生み出した「みつを」とは、いったい何者なのか。今回は、相田みつをの長男であり、「相田みつを美術館」館長でもある相田一人(かずひと)氏との対談を通して、相田みつをが永遠のテーマとした「うまくいかない中でも、どう良く生きるか」について、考えてみたい。相田みつをには興味がない、という方も、ぜひ途中まででもお読みいただければ幸いだ。

「読み手」に、「自分自身」と向き合わせる力

読者のみなさまは、相田みつをの作品を見て、何か感じるところはあるだろうか。「相田みつをの作品は癒されるとよく言われる。だが、必ずしも癒しではない」と一人氏は断言する。実は、なぜか「見る人の心を映し出すカガミ」のような、不思議な効果があるというのだ。

©相田みつを美術館

本当にそうだろうか。何か秘密があるのだろうか。実際に彼の作品の見て見よう。

「しあわせは いつもじぶんのこころがきめる」

これは、幸せになるともならないとも言わず、「自分次第だ」と言い切っているだけだ。

次ページ正直に自分と向き合った、相田みつを
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT