『職場がぬるま湯すぎて、将来が不安です』(34歳・大学事務員)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『職場がぬるま湯すぎて、将来が不安です』(34歳・大学事務員)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:22

『職場がぬるま湯すぎて、将来が不安です』(34歳・大学事務員)

<相談者の悩み>

 こんにちは。キャリアについてご相談があります。某私立大学の事務員をしております34歳の者です。人事制度は完全年功序列。目標管理はもちろん、査定もあるのかないのかわからないといった古い風土の職場です。

 うちの大学はバブルでも無茶な投資はしなかった分、経営はいたって健全、事務員の採用も一定数は継続してきました。そのため、職場も特に高齢化が進んでいるということもなく、今のところ順調に昇給も昇格もさせていただいています。

 仕事自体は決して面白いものではありませんが、残業もほとんどなく、現状は特に不満もありません。

 ただ、将来的に不安は常に感じています。それはあまりにも現状がぬるま湯すぎるためです。ご存知だと思いますが、大学の事務方なんて、書類管理や資料作成といったルーチンワークばかりです。うちのように人も足りている職場なら、ただ前例に基づいて淡々と仕事をこなすだけで、毎日定時に帰れてしまう世界です。
 
 実際、40代以上の先輩たちを見ていると、なんの心配も無くのん気なものですが、彼らが転職市場で転職可能かといえば、まず無理でしょう。
 
 これから少子化が進めば、かならず大学の再編は起こります。その時、職場から放り出されたとしたら…。今のままだと、自分も、見るべきキャリアのない井の中の蛙となっているはずです。

 少なくとも、まだまだ先の長い私のような人間は、自分のキャリアプランを考え、資格取得や転職に向けた準備をしておくべきでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。