『職場がぬるま湯すぎて、将来が不安です』(34歳・大学事務員) 城繁幸の非エリートキャリア相談

拡大
縮小

<城繁幸氏の診断>

 診断:『大学も二極化の時代』

 以前、年功序列のレールが残っている職場として、メディア関係を挙げたことがありますが、そういえば大学職員もそうですね。私の知り合いにも「アフター5の釣りやキャンプで大忙し」という人がいます。

 ただ、それも雲行きがかなり怪しくなってきています。子供の数自体が減る中、既に私立大の4割が定員割れという状況です(こんなことは河童に水練でしょうが)。

 一方で、都内の有名私大の倍率は逆に上がる傾向にあります。職員同様、学生の側でも「将来もずっと安定した大学に進学したい」と考えているわけですね。自分の母校が廃校なんてなった日には、やはり気持ちの良いものではありませんから。

 今後、10年以内に、大学の二極化は一層進むはずです。ご指摘のように、現在30代の方なら、自分のレールの行く末をしっかり注視しておくべきでしょう。それはある日、突然途切れてしまうかもしれないのですから。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT