オヤジよ。モテたければネットを使え

なぜネットは、最強のモテツールなのか?

それ以上に「見ず知らずの他人と会う」という意識が、まったくなかったのかもしれません。面識がなくても相手のプロフィールページを見れば、人となりがわかります。「つぶやき」や「日記」、そこで交わされる友人とのやり取りから伝わってくるからです。

それらを見て、「私も同じこと感じてたのよ~」と親しみを覚えたのかもしれません。また共通する趣味、しかもオタクな趣味のコミュニティのメンバーなので、仲間意識さえ芽生えていたことも考えられます。

結婚相談所との違い

このように、SNSは見知らぬ男女を結び付けて、親密な関係を醸成する強烈なパワーがあります。その原動力となるのが“共感” です。「私もそれが好き」「私も感動した」「それ面白いよね」―― こうした「共感」を交換し合える場がSNSにはあります。具体的には、「つぶやき」や「日記」「コミュニティ」のコメント機能です。

また、これら(つぶやき・日記・コミュニティ)は、各自のプロフィールページに集約されて表示されるので、「価値観」「ライフスタイル」「友人関係」などの切り口で、人となりを立体的に発信する仕掛けにもなっているのです。

ここに時間的な要素が加わります。SNSユーザーは1日平均78分利用しているというデーターがあります。つまり「共感」と「時間」のかけ算で、じわりじわりと親密感が増していくというわけです。

そのうえ、メッセージ機能もあるので1対1の関係も発展させやすい。だから、K嬢のケースのように、「一緒に行きませんか?」とお誘いもできるのです。

このように、SNSは「共感」という内面的な要素に焦点を当て、自然な形で関係を昇華させる出会いの場です。その真逆が婚活と言えるでしょう。年収・年齢・学歴など「条件」という外面的な要素に焦点をあて、シビアに選別し合う出会いの場。しかも、お見合いパーティの「回転寿し」に代表されるように、システムがあまりにも不自然……。

だから、行き詰まるのです。出会い→恋愛→結婚とスムースに関係が発展しづらいのです。前回の記事で書きましたが、婚活業界のメインプレーヤー「結婚相談所」の成婚率がわずか10%しかないのはそうした理由からでしょう。

利用者が数千万人。今や生活の一部となった巨大コミュニケーションインフラSNS。これこそが日本が抱える大問題「未婚率の増加」、それに続く「少子化」を解消する底知れぬポテンシャルを持っているのだ、と思うのは私だけでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。