「教育虐待」に気づかない教育熱心な親たちの闇

親から子への「ソフトコントロール」にご用心

18歳や15歳の子どもなら、親から厳しい言葉を浴びせられても、ある程度なら「うるせーな」と聞き流すことができるが、12歳は、親の言うことを小さな身体と心で100%受け止めて、もろに傷ついてしまうからだ。

中学受験の難しさは、12歳という微妙な年齢にある。大人の言うことを100%理解しているので、つい大人に対するのと同じように理詰めで責めたり、強い言葉でハッパをかけたりしてしまうが、実は精神的にはまだまだ幼く傷つきやすい年ごろなのである。

迷うことなく子どもに接しないでほしい

変化の激しい時代である。わが子の将来を思えば不安になるのが親の性。不安であるがゆえに迷いも大きい。しかし「それでいい」のだと、私が尊敬するあるベテラン教師は言う。

「むしろ迷いなくやってしまうことのほうが恐ろしい。迷いがないってことは『これが正解!』って思い込んでいるってことだから。その方法が子どもに合っていなくても、子どもを見ずに迷いなくガシガシやらせてしまうから、子どもは簡単に壊れてしまう。子どもの教育は迷わないでやらないでほしい」

言われてみれば確かにそうだ。ひどい教育虐待をしてしまう親に共通しているのは、”迷いがない”ことなのだ。

先日、中学受験生の母親からこんなことを言われた。

『ルポ教育虐待 毒親と追いつめられる⼦どもたち 』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「世間の中学受験本に書かれているように『あれもしなさい、これもしなさい』と言われるのも親としてつらい。しかしおおたさんのように『親がそんなにムキにならなくてもいい』と言われてしまうのも耳が痛い」

私も痛いところを突かれた。「子どもにダメ出しをしないでください!」と親にダメ出しをしてしまう自分がいるわけである。申し訳ない。が、それを棚に上げて言うのであれば、その母親は中学受験生の母親のスタンスとして至極まっとう、大丈夫というわけだ。

子育てで迷わない親などいない。大いに迷えばいい。迷うくらいでちょうどいい。それでも結局のところ、子どもはまっとうに育つ。親がよほど余計なことをしなければ。それが、死の淵から生還した数々の親子の話を聞いたあとの私の率直な結論である。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。