「母のイライラ」は問題解決の手法で軽減できる

企業でも使われる「3ステップ」が有効だ

必要なものは、紙とペン、それに自分だけの時間を1時間ほど用意できればいいでしょう。用意できたら、次の3つのステップで、今のイライラについて「見える化」していきます。

イライラを消し去る3つのステップ

ステップ1: 要するに「何」が問題?【WHAT】

何にイライラしているでしょうか。それを明らかにしていきます。明らかにするには「頭の中」でやらないことです。頭の中でやると、まとまりがなく、悩みを増長させるだけになります。ですから、紙に書き出しましょう。

例えば次のような感じで書いていきます。イライラは通常、現状におけるイライラと、未来に対するイライラ(不安)にあるため、その2つの視点で書き出すといいでしょう。

(例)
親である自分が、子どもに対し正しいアプローチができていない(現状)
子どもが思ったほど勉強しない(現状)
点数が伸びていない(現状)
このまま成績は上がらないのではないか(未来)
失敗したら世間からどう思われるだろうか(未来)
志望校に合格できないと子どもがかわいそう(未来)
ステップ2: なぜこうなっているんだろう?【WHY】

次に、ステップ1で書き出した中で、いちばん大きな問題と思うことを「現状」から1つ、「未来」から1つ選びます。そして、「なぜそういう状況になっているのか?」について上記のそれぞれについて書き出していきます。

ここで1点だけ注意が必要です。それは、「なぜだろう?」を1回で終わりにしないということです。1回で終わりにすると、原因が表面的すぎて、解決できなくなるのです。

例えば、イライラが「子どもの点数が伸びない」、理由は「勉強しないからだ」とします。すると、対策は、「勉強させればいい」となってしまって、強制勉強が始まり、何も解決しなくなります。解決しないどころか悪化することすらあります。これは原因が根本的ではないからなのです。

「勉強しないからだ」となったら、「ではなぜ、勉強しないのだろうか?」ともう1段階下げていきます。すると、「勉強が嫌いだから」となるとします。

しかし、これもまだ本質的理由ではありません。そこで、もう1段階下げます。「なぜ勉強が嫌いなのだろうか?」と。そうすると、「勉強を楽しめるきっかけがつかめていないから」ということだったりします。仮にこれが、本質的原因であれば、これに対しては対策を打てばいいわけです。

次ページ最低でも3回は掘り下げて考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT