「母のイライラ」は問題解決の手法で軽減できる

企業でも使われる「3ステップ」が有効だ

このように、ステップ2の「なぜ?」は単純に理由を考えるだけではなく、最低3回は掘り下げてみてください。そうすると本質的理由が見えてきます。

(例1)
親である自分が正しいアプローチができてないとなぜ思うのだろうか?(現状)
 →「子どもに対する具体的なアプローチ方法がわからないから」
なぜ、わからないのだろうか?
 →「アプローチ方法について学んでいないから」
なぜ、学んでいないのだろうか?
 →「時間がないから」「そもそも学ぶという発想がなかったから」
(例2)
このまま成績が上がらないのではないかとなぜ思うのだろうか?(未来)
 → 「自分が心配することで子どもの成績が上がらないときのショックを事前に和らげようとしているから」
なぜ、そのようなショックを受けることが怖いのだろうか?
 → 「親としての失敗のレッテルを貼られることを恐れているから」
なぜ、親の失敗とレッテルを貼られると思ってしまうのだろうか?
 → 「自分が子どもの頃、親から失敗に対してきつく言われて育ったから」

最後のステップ「対策」

ステップ3: では、どうすればいいかな?【HOW】

最後のステップは、対策です。ステップ2で書き出した「現状」「未来」の2つのイライラや不安の原因が特定できたら、どうすればいいのかという点について書き出します。

→ 現状について
自分は先生ではなく親であるため、親としてできることを行う。受験勉強に関しては先生を信頼してお願いすることでお任せする。そのために先生と密に情報交換して、親としてできる子どもへのアプローチをしていく。

→ 未来について
未来の予想とは、過去の経験などから思い込んだだけのことが多い。子どもの日々の勉強の積み重ねによって未来が作られるのだから、未来に対する過度な心配はいらないと決める。

上記の例は、実際の小松さんの状況とは異なる面もあるかもしれませんが、参考までに例を挙げてみましたので、参考にしてください。

ちなみにこの3つのステップは、企業でいう「問題解決技法のプロセス」と同じステップなのです。イライラにはある種の問題要因があり、それを上記のように明らかにしていくことで、解決方法が見出せることがあります。ぜひ、使ってみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT