内野聖陽の熱演から見えた「男らしさの変容」

インテリから乙女なゲイまで演じきる実力派

京都撮影所が舞台。殺陣の技術には才能と定評があるが、セリフがうまく言えないという致命傷を抱え、うだつのあがらない大部屋俳優役だった。妻・水野美紀の尻に敷かれ、友人・中村獅童に檄を飛ばされ、最後は無事に主役を演じ切る。自己主張が弱く、控えめな性格で本番にも弱い。

そんな役を演じた内野は、矛盾するようだが、実に男らしかった。メンタルが絹豆腐くらいヤワでも、妻への敬意と感謝を忘れない。そこ、重要。刀さばきの美しさ、アクションのキレ、ほれぼれする筋肉美だけでも充分に男らしいし、ムッキムキの俺様メンタルは不要と証明した作品でもある。

「男らしさ」を定義しなくてもいい

さらに意表を突いたのが、冒頭で触れた「きのう何食べた?」の内野だった。

ゲイカップルの日常茶飯事を丁寧に描く作品の中でゲイを演じる内野さんが話題に(写真:©「きのう何食べた?」製作委員会)

しゃべり方から食べ方、身のこなし、頭のてっぺんからつま先まで実にたおやか。フェミニンなのに男らしい。倹約家の西島に甘えたり、元カノに嫉妬したりと大忙しのかしましさ。

その一方で、意固地な西島を包み込むおおらかさ。素直に「おいしい、うれしい、楽しい、大好き」を表現するかわいらしさ。もう何が「男らしい」のか、何が「女らしい」のか、定義がわからなくなった。定義するのもばかばかしくなった。

『くさらない「イケメン」図鑑: 現代ニッポン50年を彩った265人』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

女性が求める男らしさとは、日常を共にして、さりげなく相手を思いやる力。とどのつまり、人間力という段階まできてしまった。

内野が演じてきた男は、実に時代を反映していると改めて思う。女性のニーズに応えてきた部分もあるし、もしかしたら男性も肩の力が抜けて、気持ちが楽になるのではないか。「男は強くなくていいのだ」と。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT