iPhoneも筒抜け?コネクテッド社会の闇

個人情報めぐるNSAとIT企業のせめぎ合い

特に米国などでは、SMSの送受信に課金されるため、シームレスに課金を回避できる仕組みとして活用が進んでいる。レガシーな電話番号、SMSという仕組みを拡張する形でインターネット側のサービスへと呼び込むやり方は、とてもわかりやすい。

こうしたメディアやツールの拡張というアプローチは、より追究されていくべきだろう。例えば地図やクレジットカードといった生活必需品に、まだまだチャンスが眠っているはずだ。

よりコントロール可能にすることが重要

「納得できるテクノロジー」というのは、ユーザーが直感的に理解して使えるようになるという意味で重要なだけでなく、ユーザーが自分で管理可能である点でも重要だ。

例えば、電話番号であれば、誰かに教えたりインターネットに掲出すれば、知らない人からいたずら電話がかかってくる可能性がある。その番号の扱いをどうすべきかを考える事はさほど難しい事ではなく、いたずらが多い場合は番号を変えることで回避できる。

では現在のインターネットやモバイルで使われているサービス、アプリが、電話番号ほど簡単に理解し管理できる状態になっているだろうか。アップルはなるべく煩わしさを表に出さないよう、クラウドサービスなどをOSと統合して「ただ動作している」という状態を作り出している。

今まではそれが使いやすさや親しみやすさだったが、今後は何が起きているかをわかりやすく伝えることも、要件に含まれてくるだろう。企業のみの努力だけでなく、ユーザー側の学びも求められるようになっていく。

コネクテッド社会はつながっているすべての人の歩み寄りが求められる姿ではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。