iPhoneも筒抜け?コネクテッド社会の闇

個人情報めぐるNSAとIT企業のせめぎ合い

特に米国などでは、SMSの送受信に課金されるため、シームレスに課金を回避できる仕組みとして活用が進んでいる。レガシーな電話番号、SMSという仕組みを拡張する形でインターネット側のサービスへと呼び込むやり方は、とてもわかりやすい。

こうしたメディアやツールの拡張というアプローチは、より追究されていくべきだろう。例えば地図やクレジットカードといった生活必需品に、まだまだチャンスが眠っているはずだ。

よりコントロール可能にすることが重要

「納得できるテクノロジー」というのは、ユーザーが直感的に理解して使えるようになるという意味で重要なだけでなく、ユーザーが自分で管理可能である点でも重要だ。

例えば、電話番号であれば、誰かに教えたりインターネットに掲出すれば、知らない人からいたずら電話がかかってくる可能性がある。その番号の扱いをどうすべきかを考える事はさほど難しい事ではなく、いたずらが多い場合は番号を変えることで回避できる。

では現在のインターネットやモバイルで使われているサービス、アプリが、電話番号ほど簡単に理解し管理できる状態になっているだろうか。アップルはなるべく煩わしさを表に出さないよう、クラウドサービスなどをOSと統合して「ただ動作している」という状態を作り出している。

今まではそれが使いやすさや親しみやすさだったが、今後は何が起きているかをわかりやすく伝えることも、要件に含まれてくるだろう。企業のみの努力だけでなく、ユーザー側の学びも求められるようになっていく。

コネクテッド社会はつながっているすべての人の歩み寄りが求められる姿ではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT