iPhoneも筒抜け?コネクテッド社会の闇

個人情報めぐるNSAとIT企業のせめぎ合い

  本連載は、GAFAに関するトピックを1つないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はアップルを採り上げる。年末年始に、アップルのiPhoneが、米国国家安全保障局(NSA)のソフトウエアによって筒抜けになるという報道がなされている。アップルに限らず、テクノロジー企業は、NSAの活動についてどう対処し、ユーザーと「共闘」する姿勢に持ち込むか。
NSAがiPhone内のデータを取得しているとのレポートは、全米に衝撃を与えた(写真:AP/アフロ)

2013年の年末、衝撃的な報道が駆け巡っていた。NSAが開発したソフトウエアを通じて、アップルのiPhoneに遠隔でアクセスしデータを取得することができる、いわゆる「バックドア」が存在していると報じられたのだ。これに対してアップルは即座に反論し、NSAと協業したことなく、バックドアの存在も確認していないと主張している

2013年6月、NSAの活動に参加していたエドワード・スノーデン氏が香港で、「NSAがインターネットを流れる情報を傍受していたこと」と「米国の同盟国を含む世界各国の情報を収集していたこと」を暴露した。後者については国際的な問題となったが、米国内では前者のインターネット上を流れる情報の収集について、引き続き注目が集まっている。

そんな中で、人気のあるスマートフォンがNSAによって解析可能だったというニュースは、セキュリティを確保するためにiPhoneを選んだというユーザーにショックを与えるとともに、NSAへの疑念をますます大きくする結果となった。

暴露合戦や事実確認の行方そのものにも興味はあるが、それ以上にインターネットの使用自体に抵抗感を感じ始める人もいるだろう。こうした疑心暗鬼が、これまで革新的な企業やサービスを生み出してきたインターネットを“死の世界”へと変える可能性を指摘する意見も説得力を増している。

次ページ危険な場面は多い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT