またもや米国で大量のカード情報が流出

世界のカード犯罪の47%が米国で発生するワケ

サンノセにあるターゲットの店頭。事件後も買い物客で賑わっている

ウォールマートに次ぐ大手量販店として知られるターゲットから、顧客の4000万枚のクレジットカードとデビットカードの情報が盗まれた。

同社は12月19日、年末商戦のブラック・フライデー(11月27日)から12月15日までの間に、全米の1797店で買い物客の情報流出の可能性があると発表。同社のグレッグ・スティンハフェルCEOは「顧客の信頼を保つ事を最優先に考え、直ちに発表した。解決へ向けて捜査当局、金融機関と協力している」とコメントした。現在、連邦当局 、シークレット・サービス、外部のセキュリティ専門家までが乗り出し、犯人の割り出しを急いでいる。

POSシステムから流出

今回盗まれたのは顧客氏名、カード番号、有効期限、3桁のセキュリティー・コード、個人識別番号(PIN)などの情報。つまりクレジットカードの裏の磁気テープに記録されている情報がハッキング被害にあったのだ。オンラインショッピングで使用したケースでは被害がないことから、店舗に設置されているPOSシステム周辺のネットワークがハッキングされた可能性が高い。

サンノゼのターゲット店でガジェットを物色中のボブ(仮名)も被害者の1人。ターゲットが発行するクレジットカードの「レッドカード」を使用しているが「私がカリフォルニアにいるのに、ニュージャージー州のある店舗で5ドル程度の買い物をしようとして、その決済が拒否されていた。しかし、別の店舗での130ドルの買い物は決済されていた」。彼のカードの磁気テープ上の情報を盗み、その情報をもとに偽造カードを作成し、東海岸の店舗で使っていたわけだ。

次ページカードを新しいものに替えたが・・・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。