日本と台湾、「チョコ」が結ぶ長く深い意外な縁

「森永村」で日本人がカカオをつくっていた

1939(昭和14)年の写真。森永は台東と屏東でカカオ栽培に取り組んだ(画像提供:森永製菓)

しかし、台湾の地にカカオを根付かせるのは、たやすいことではなかった。カカオは東南アジアなどの世界各国から持ち込まれたが、とくに運搬は苦労の連続。カカオの実は腐りやすく、実の中から種を出したらなるべく早くまかないと発芽しない。台湾の冬の気温の低さもカカオの成長を妨げた。

明治も台湾でカカオ栽培

1939~1940(昭和14~15)年は、台湾の産地開発が盛んで、明治もカカオ栽培に取り組んだ。日本チョコレート・ココア協会が発行する『日本チョコレート工業史』によれば、昭和15年、明治は4カ所に開墾許可を得たが、やはり困難を極めた。「スマトラから運んだカカオを2000本植えても、冬の寒さと土地の乾燥のため、収穫はほぼなかった」という。

森永が苗木を植えた屏東は、カカオは根づいたものの、チョコレート製造に十分な収穫はされぬまま太平洋戦争が始まった。事業は中断を余儀なくされ、戦争は激化。カカオ豆は本土に送られることなく終戦を迎え、カカオ栽培の夢は破れてしまった。

次ページカカオ栽培に取り組んだ足跡
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT