20~39歳男女が結婚相手に求める譲れない条件

アラサー女性が求める「最低年収」はいくら?

次に、25~34歳の未婚女性に、自分が結婚相手に希望する最低年収額を下回る男性との結婚についてはどう考えているかをたずねたところ、希望する年収額が800万円未満の女性のうち約7~8割は、希望年収額を下回る男性でも、人間的な魅力が十分にあれば結婚すると回答しています。

一方、結婚相手に800万円以上の年収を希望する女性では約3人に1人が希望年収額を下回る男性とは交際や結婚をしないと考えているようです。

学歴に対する考えは? 

年収だけでなく学歴も交えて考察してみたいと思います。25~34歳の男女に対して、自分と同等かそれ以上の学歴・収入などの異性と結婚したいかたずねたところ(既婚者は結婚前の意識について回答)、女性のほうが自分と同等かそれ以上の学歴・収入などの異性と結婚したいという割合が高くなっています。

結婚したかったために理想・条件を下げた35〜54歳の既婚女性にも、「最も妥協したくなかった結婚相手の条件」をたずねたところ、「収入などの経済力」が32.4%と最も高くなりました。続いて、「ルックス・見た目」が16.1%、「話・価値観が合う」が6.4%、「相手の親との同居の可能性」が5.7%、「学歴・職業・会社名」が5.7%でした。また、実際に未婚アラサー男性は独身でいる理由に「家族を養うほどの収入がない」点を挙げる人も多いようです。

しかし、25~34歳の未婚者に対して、理想・条件と結婚に対する気持ちの関係をたずねたところ、「理想・条件を特に意識することなく結婚すると思う」がアラサー世代では約3~4割と最も高い割合を占めています。

『結婚白書』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

また、未婚アラサー女性が結婚相手を選ぶ際には、相手男性の年収への期待値は高いようですが、希望最低年収額が800万円未満の女性で「希望する最低年収を下回る男性とは結婚しない」と答えた割合は2割未満にとどまり、約7〜8割の女性は人間的な魅力が十分にあれば結婚するという考えです。

このように、結婚相手を選ぶ際の基本的条件としては、相手の人柄や相性などの人間的な魅力が大事だと考えている女性が多数派であることがうかがえます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT