20~39歳男女が結婚相手に求める譲れない条件

アラサー女性が求める「最低年収」はいくら?

結婚相手を選ぶ基本的な条件について、男女の違いや年代別でそれぞれリサーチしてわかったこととは?(写真:shimi/PIXTA)  
厚生労働省「人口動態統計」によると、2017年の日本の婚姻件数は約60.7万組で戦後最少、平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳です。男女の恋愛や結婚はどのように変わってきたのでしょうか。
恋愛・男女交際から結婚に至るまでのプロセスについてさまざまな視点・切り口で得た調査結果を紹介している『結婚白書』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

出会いの多様化

1960年頃、婚姻件数の過半数を占めていたお見合い結婚の割合が、2010~2014年には5.5%に激減するなど、出会いの機会の多様化が進行しました。

では実際、結婚相手とどこで出会っていたのでしょうか。35~54歳の既婚者に「結婚相手とどこで出会ったのか」たずねたところ、各年齢層とも出会いの機会として最も高い割合だったのは職場で、次に友人からの紹介、3番目は学生時代の知人関係でした。年齢層が若いほど、職場の割合はおおむね低くなっています。

お見合いや職場での紹介・出会いがあれば、恋愛に消極的な人も交際し、結婚するきっかけがある程度つかみやすかったでしょう。しかし、結婚の前段階としての恋愛・男女交際へのスタンスが必ずしも積極・能動的とはいえない現状では、お見合いや職場などの紹介・出会いの減少によって、結婚につながりやすい出会いが減少したといえるのではないでしょうか。

次ページどのような条件を望んでいる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。