20~39歳男女が結婚相手に求める譲れない条件

アラサー女性が求める「最低年収」はいくら?

結婚相手を選ぶ基本的な条件について、男女の違いや年代別でそれぞれリサーチしてわかったこととは?(写真:shimi/PIXTA)  
厚生労働省「人口動態統計」によると、2017年の日本の婚姻件数は約60.7万組で戦後最少、平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳です。男女の恋愛や結婚はどのように変わってきたのでしょうか。
恋愛・男女交際から結婚に至るまでのプロセスについてさまざまな視点・切り口で得た調査結果を紹介している『結婚白書』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

出会いの多様化

1960年頃、婚姻件数の過半数を占めていたお見合い結婚の割合が、2010~2014年には5.5%に激減するなど、出会いの機会の多様化が進行しました。

では実際、結婚相手とどこで出会っていたのでしょうか。35~54歳の既婚者に「結婚相手とどこで出会ったのか」たずねたところ、各年齢層とも出会いの機会として最も高い割合だったのは職場で、次に友人からの紹介、3番目は学生時代の知人関係でした。年齢層が若いほど、職場の割合はおおむね低くなっています。

お見合いや職場での紹介・出会いがあれば、恋愛に消極的な人も交際し、結婚するきっかけがある程度つかみやすかったでしょう。しかし、結婚の前段階としての恋愛・男女交際へのスタンスが必ずしも積極・能動的とはいえない現状では、お見合いや職場などの紹介・出会いの減少によって、結婚につながりやすい出会いが減少したといえるのではないでしょうか。

次ページどのような条件を望んでいる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT