日本の観光業は「生産性向上」最高の教科書だ

令和ニッポンの勝算と課題は「観光」でわかる

大切なのは「気持ちよくたくさんお金を使ってもらう仕組み」を作り、「単価の高い客」をたくさん呼ぶこと(画像:Fast&Slow/PIXTA)
オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名をはせたデービッド・アトキンソン氏。退職後も日本経済の研究を続け、日本を救う数々の提言を行ってきたアトキンソン氏は、近著『日本人の勝算――人口減少×高齢化×資本主義』で日本の生存戦略を明らかにしている。本質を突いたその提言はメディアからの注目度も高く、4月30日夜9時、NHK総合「ニュースウオッチ9」平成最後の放送では、インタビュー出演を予定している。
アトキンソン氏の提言どおり、人口減少時代に対応して「変化しつつある」のが観光業だ。本稿では、日本の多くの産業の参考になりうる考え方が詰まった「観光業の変革」を紹介してもらう。

「世界第10位」に躍進した日本の観光業

今回から何回かに分けて、日本の生産性向上のモデルケースとも言うべき「観光」をテーマに、寄稿していきます。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

『日本人の勝算』は7万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

まずは、日本の観光客誘致の戦略が現状どうなっているのか、確認しておきましょう。

一言でいうと、日本の観光客誘致戦略は非常に順調に進展しています。2017年には、日本は観光収入で世界第10位となり、世界ランクで念願のトップテン入りを果たしました。対前年比で、世界全体では4.9%増(現地通貨ベース)のところ、日本の観光収入は14.4%も増えました。これはトップ10カ国のうち、2番目の増加率です。

日本の観光収入は、2013年には21位でしたので、わずか4年間でトップテン入りを果たしました。これは非常に目覚ましい成果だと言っていいでしょう。

2017年には、日本の観光収入は第9位のマカオの約96%に達していましたので、2018年にはマカオを超えて第9位になるのではないかと期待されています。この日本の大成功には、世界中が注目しています。

一方、観光客数では世界12位でしたので、「数より収入」「稼ぐ観光」という国の戦略も順調に進展していることが数字に表れています。2010年の観光客数ランキングが第30位、2014年でも第22位だったことを考えると、本当にすごい実績だと思います。

次ページ「単価の高い客」を増やすことに成功した
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。