スナックママは見た!モテない女子の共通点

恋愛さまよい女子こそスナックへ急げ

「人は悪くはないんだけど、やたらと他人の文句ばかりぶつぶつ言わはる人がいるわね。スナックだからどんな話をしてもいいけれど、周りの人たちもいる場所なんだから、文句ばっかり言っているとダメよ。福の神も逃げちゃうわ」

「文句ばっかり言っていたらダメ」というミヨ作ママ(筆者撮影)

確かに恋愛の基本は、相手を思いやることである。相手を好きになり、大切にしたいという思いがあってはじめて、お互いの気持ちが通じ合うものだ。ミヨ作ママは、気遣いのできない女性に対して、感謝の気持ちをもつことの大切さを伝えているそう。

ちょっとした気遣いの言葉が場の空気を変える

「『おおきに!』というたった一言が言えるかどうかで、モテる人とそうでない人に分かれるの。やっぱり器量のよさというのは、その人の魅力に反映されるものだから」

ちょっとした気遣いの言葉があるだけで、お互いに気持ちのいいコミュニケーションをとることができる。そして、恋愛がコミュニケーションであることは疑いようがない。やはり、感謝の言葉は重要なのだ。

****

スナックでは、一夜限りの出会いも少なくない。とくに一見客との出会いは、一期一会になることも多い。だからこそ、初めて会った相手とも気軽に話せるし、打ち解けることができる。ただ、そうした状況に甘んじて、うそで固めた自分を演出するのは考えものだ。

あるスナックに、週1~2回ほど通っている女性がいた。カウンターに座っては、ママとの他愛もない会話を楽しんでいる。しかし、男性客が店を訪れると、その相手に合わせたトークに切り替えるというのだ。まさに、変幻自在の“カメレオン女子”である。

次ページママも思わず失笑したカメレオン女子のトーク
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。