スナックママは見た!モテない女子の共通点

恋愛さまよい女子こそスナックへ急げ

スナックのママは日々、さまざまな男女を見てきている。美人なのになぜか彼氏ができない、話を合わせるのが上手なのにモテない女性たちの問題とは(写真:アオサン/PIXTA)

「スナックは“おじさん”が“ママ”に甘える場所」という概念は、もはや、昔のことなのかもしれない。

昨今、スナックに通う人はさまざまだ。かつてはナイスミドルの憩いの場であったスナックも、いまでは若い女性から年配の方まで、多種多様な客層でにぎわっている。店を切り盛りするママは、コミュニケーション・マネジャーさながら、訪れる客の心をつかんで離さない。人気店になると、常連客が絶えないのも当然だろう。

スナックは”恋愛さまよい女子”の駆け込み寺

なかでも注目したいのが、ママの恋愛トークにおける的確なアドバイスだ。私がかつて足を運んだ300件あまりのスナックには、バツイチ子持ちはあたり前、バツ2、バツ3、さらにはバツ5のママもいた。酸いも甘いもかみ分けた人生経験を持つママの言葉は深く、“恋愛さまよい女子”にとっての駆け込み寺という様相を呈している。

この連載の一覧はこちら

近年、若い人を中心に、恋愛に対して消極的な人が増えている。明治安田生命の調査によると、15~34歳の未婚者のうち、「恋愛に消極的」「興味がない」と答えた人の割合は男女ともに全体の7割を超えた。その背景には、かつては存在していた“おせっかいおばさん”がいなくなり、かつ相談できる相手も少なくなっているのだと容易に想像できる。

そこで、ママの出番である。さまざまな恋愛を自ら体験し、多種多様な客の恋愛相談にものってきたママは、現代におけるプロの恋愛アドバイザーとも言える存在だ。そんなママに、“恋愛がうまくいかない人”のポイントについて聞いてみた。自らの胸に手を当てながら、自身の恋愛をよりよいものにするために役立ててほしい。

****

「ママー! 私、彼氏が全然できないの……」

常連の女性客が漏らしたその一言に、あるスナックのママは首を傾げた。なぜならその女性は、見た目もキレイで仕事もバリバリこなしている、すてきなキャリアウーマンだったからだ。ほかの常連客とも積極的に交流し、コミュニケーション能力も高そう。しかし、アラフォーになった現在も、彼氏ができずに悩んでいるというのだ。

「いったい、何が問題なのかしら?」

次ページママは見た!「突然豹変した美人」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。