新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか

スナック流おせっかいが婚活男女を助ける?

東京・新橋にある「スナックaeru」は、会員数1700人を誇る「出会えるスナック」だ。辣腕ママのアドバイスが婚活迷子たちを結婚へと導いている(編集部撮影)

いま日本では、結婚する人の割合が低下している。

2015年の国勢調査によると、50歳までに1度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は、男性で約23%、女性で約14%と、過去最高を記録するなど、結婚離れが進んでいるようだ。その背景として、SNSを中心とした “非リアル”での交流が盛んになる中、「リアルな交流はうまくいかない」「出会いがない」、という切実な声も聞かれている。

この連載の一覧はこちら

そんな中、会員数1700人を誇る「婚活の駆け込み寺」的なスナックがあると聞いた。会員の7割が女性であり、こじらせ女子、くせの強い男性、結婚相談所や合コンで惨敗続きの人など、数々の男女を成婚に導いてきた実績があるとのことで早速向かった。

出会いのシステムが確立されたスナック

新橋SL広場から徒歩5分。路地裏の飲み屋が密集する雑居ビルの2階に「スナックaeru(アエル)」はあった。扉はスナックにありがちな、店内がうかがえないオーソドックスタイプ。「会員制」プレートも掲げられ、なかなかハードルが高い。看板には「縁結びママがあなたの出会いをお手伝い!」と書かれ、曜日ごとに変わるシステムや料金が明記されていた。どうやら婚活や占いに特化した日と、スナックの日に分けられているようだ。

「スナックaeru」の外観。新橋の飲み屋街にあるが、ちょっと入りにくい雰囲気か…(編集部撮影)

扉を開くと「チリンチリン」とベルが鳴り、2階に続く急な登り階段が出迎える。店内は10畳程度。カウンターには椅子が2つ。それ以外はソファー席となっており、約10人が座れば満員といったところか。アジアン調の小物が飾られており、だれかの家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気だ。

「いらっしゃいませ」。とてもきれいな女性が出迎えてくれた。スナックaeruのママ、うららさんである。「うちはスナックだから、飲み放題・歌い放題が基本メニューなんだけど、出会いを求めてくるお客様には、年会費を払ってもらい、会員になっていただくシステムなの。これは、会員になった人々のプロフィールファイルよ」と言い、本棚からピンクとブルーのファイルを取り出し手渡してくれた。

ブルーのファイルは男性、ピンクのファイルは女性と分かれているようだ。開くと、1ページに1会員ずつ年齢や居住している都道府県や年収(女性は未記入が多い)、趣味、結婚相手に求める要望などが記載されている。

次ページどんな男女がやってくるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT