スナックママは見た!モテない女子の共通点

恋愛さまよい女子こそスナックへ急げ

そう思っていたママは、ある日、彼女の問題点を目の当たりにする。彼女が同世代の男性グループと飲んでいたときのこと。最初は楽しく会話していたものの、1時間ほどすると女性の金切り声とともに、机か床を激しくたたく音が聞こえてきた。

話の内容に耳をそばだててみると、仕事の姿勢、働き方に関する激しい口論が繰り広げられているのだが、男性が話しはじめるたびに、彼女が机を激しくたたき相手の発言を遮っては、自分の主張ばかり繰り返していた。

オンとオフのスイッチが切り替えられない

さすがに、男性があきれてものも言えないという表情になると、彼女はまるで「どうだ! 論破してやったぞ」とでも言わんばかりに意気揚々としている。たとえお酒が入っている状況でも、それはいただけない。相手のプライドをへし折ってしまう癖を直さなければ、いつまで経っても彼氏はできないだろう。はたして彼女は、何と戦っているのだろうか。

「彼女に限らず、最近はオンとオフのスイッチを切り替えられない女性が多いわね。会社の中で男性と対等に意見を交わすことは大事だけど、スナックに来たときぐらい、もっとリラックスしたほうがいいわ」。そう話すママは、こうした“マウント女子”の処し方に警笛を鳴らす。

「リラックスした時間が増えれば増えるほど、男性との会話も素直に楽しめるでしょ。表情も明るくなるし、心も開けるようになる。それは、相手も同じなの」

****

「感謝の気持ちがない人って、一目でわかるわよ」

そう話すのは、京都の先斗町でスナックを経営しているかづのミヨ作ママ。なんと、80代にして現役の芸妓さんである。そんなミヨ作ママは、感謝の気持ちがないために、恋愛に苦労している女性が増えていると話す。

次ページ「おおきに!」というたった一言が言えない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。