動いても痩せない人は体のクセがわかってない

「ぽっこり下腹」に悩む人は体幹を正そう

クセを直さないことにはどんな運動をしても理想の結果にならないことや、クセを直すだけで体形がどんどん細くなっていくことがご理解いただけたでしょうか。体形に関してどんな悩みや目標があっても、部分やせに絶対欠かせないなのは「体のクセ」を正すことなのです。

筋肉量が減少するから、むやみに汗をかくのは逆効果

「それだけで本当にやせられるの?汗をかかないと代謝が上がる気がしない」という人も多いですが、それは勘違い。サウナやホットヨガでひたすら汗を流し、満足している人は要注意です。

『モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

筋肉の約7割は、実は水分でできています。だから大量に汗をかいたり水分摂取量が不足したりすると、筋肉は正常に働かなくなって減り始めます。

同じく有酸素運動も、効果的なダイエット法としてはまったくおすすめできません。ダイエット中にランニングなどの有酸素運動を週に90分以上すると、筋肉を分解して消費する量が一気に増すことになります。

どちらも筋肉を減らすので、基礎代謝や消費エネルギーはどんどん低下してしまいます。だったら、キツいのをガマンして長時間運動したり暑さに耐えて汗を流し続けたりするよりも、「体のクセ」を正して体幹の筋肉を使えるようになった方がずっと効果的です。「どんなダイエットをしてもやせない」と悩んでいる人は、自分のダイエットが間違っているからかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。