動いても痩せない人は体のクセがわかってない

「ぽっこり下腹」に悩む人は体幹を正そう

骨盤前傾タイプのまま熱心に運動をすると、普段から使い慣れた腰や太ももの前の筋肉ばかり使うことになります。そうすると、すでに張り出したヒップや太ももはさらにゴツくなり、下半身は大きくなるという残念な結果に。過剰に動かすことでより太くなってしまうのです。

反対に、体幹部分のさまざまな筋肉が使えていると、背筋が伸びたり骨盤をまっすぐ垂直に保てたり、体幹が引き締まったりします。いままで使われなかったお腹や背中、肋骨下の筋肉を使うため、くびれのないずん胴ウエストが引き締まり、逆に使われすぎてムキムキになった太ももや腰、ふくらはぎは細くなっていきます。

体幹のクセを直すだけで全身はスッキリする

拙著『モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット』で詳しく解説しているように、体幹の筋肉がしっかり使えるようになれば、全身の筋肉がバランスよく使われるようになります。だから、ダイエットにはまず「体幹のクセ」を正すことが近道です。体幹のクセを直すだけで「全身がスッキリして、気になる部分が特に細くなる」と実感できるはずです。

ただ、体形のコンプレックスは人によってさまざまなので「狙ったパーツだけ細くする方法が知りたい」という人も少なくありません。

この場合にリセットすべきなのは「動作のクセ」です。気になるパーツには必ず動作のクセがついています。このとき、筋肉は凝り固まって縮んだり弱くなったりした状態です。これらの筋肉をほぐして目覚めさせないことには、エクササイズしても得られる効果は微々たるもの。仮に無理なダイエットで一時的に細くなったとしても、そのうち元の体形に戻るのは避けられません。

だから「狙ったパーツだけ細くしたい」という場合には、筋肉を「ほぐして伸ばす」「使って復活させる」「鍛えて形を整える」「細い状態を定着させる」の4ステップで引き締めることが必要です。

次ページクセを直さないと体形は良くならない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。