話し合って決めるチームがほぼ失敗する理由

リーダーは1人で決めよ、メンバーは支えよ

1つ目は「独裁」。チームの中の誰か1人が独断で意思決定するやり方です。

2つ目は「多数決」。いくつかの選択肢を提示した上で、チーム全員で意思を問い、多数の賛同を得た選択肢に決定するやり方です。

3つ目は「合議」。チーム全員で話し合って結論を導くやり方です。

どの意思決定方法が優れていると思いますか?

これらの意思決定方法には、どれが必ずしも優れているというわけではありません。それぞれメリット、デメリットが存在します。それぞれの意思決定方法はどれを選ぶかによって、「メンバーの納得感の得られやすさ」と「意思決定にかかる時間の長さ」が変わってきます。

「独裁」は唯一、意思決定者以外は誰も意思決定に関与しないので、当然、メンバーの納得感が最も得にくい方法です。逆に1人が独断で決めるため、最も時間がかからない意思決定方法です。

一方で「合議」はメンバーが意思決定に関与するため、メンバーの納得感が最も得やすい方法です。逆にみんなで話し合って決めるため、最も時間がかかる意思決定方法でもあります。

どの方法で決めるかをあらかじめ決めておく

チームにおける意思決定で大切なことは、「どの方法で決めるかをあらかじめ決めておく」ということです。

多くのチームでリーダーは「自分1人で決めたほうが速い」と思っているが、メンバーは「みんなで話し合って決めたい」と思っているなどの意思決定に対する認識のズレにより、不和が生じてしまっています。

しかし、どの方法で意思決定するかについて共通認識を持っていれば、チームメンバー全員でその意思決定のメリットを最大化し、デメリットを最小化するために動けるはずです。

次ページみんなで話し合っていては時間がかかる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT