日本人の私がインドのベンチャーを育てる理由

現地で11社に投資、2号ファンドも立ち上げ

――そうは言っても、インド投資には難しさはあるのではないですか。

競争は激しい。VCは数が多く、キャピタリストもみな優秀。アメリカで経験を積んで帰ってきている人も多い。10年間事業をまわしていたような人がキャピタリストになったりしている。その中で勝っていかないといけない。

投資先企業も、よいと思って投資したスタートアップ企業と、まったく同じことをやっている会社が5、6社存在する。こんなことは日本ではなかなか起こりにくい。そういう中で、投資先を勝たせていく方法などがちゃんとないと、僕らも生き残れない。

以前、アクセルパートナーの方と会う機会があったが、「君たち、何しに来たの?」「君らのUSP(ユニーク・セリング・ポイント)は何?」という感じ。お金がいっぱいあっても、インドでは実績もない。信用もされていない。

日本とインドの架け橋になりたい

――最後に、インドから学んだ点、学ぶべき点について教えてください。モディ首相が就任し、「親スタートアップ」的な政策も進めています。

成長させていくことへのコミットメントはすごく大胆。アプローチも進んでいる。ちまちまやっていると勝てない市場でもあるので、お金をドンと調達し、でかく勝負する。そういうことは日本の起業家にはできない。

モディ首相が就任してスタートアップ・インディア構想を出した後、会社の登記は明らかにやりやすくなった。政府系のVCもでき、資金の供給源も政府がちゃんとサポートしている。モディ首相が来日したときに、外国のベンチャーキャピタリストの話を聞く時間をわざわざとったくらいだ。

インドは今後、大国になっていく過程で、日本とライバル関係になることも出てくるだろうし、地政学的意味も含めて、インドとどのようにうまく付き合っていくかは重要になる。僕らも日本とインドの架け橋になって、貢献していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT