「腸活」に特化したキックボクシングの正体

「暗闇フィットネス」の新たなスタジオとは

筆者は残念ながら当日体調が悪く、全力で臨むことができなかったが、猫のようなパンチをしたりキックの真似事をしているだけでも、ウェアがしっとりするほど汗をかいた。また、キックボクシングは左右対称な動きを行うため、バランスよく体を鍛えられるのも、メリットの1つだ。左を打ち込むときには「ちょっと動かしにくい」という感覚があるなど、自分のバランスを確認するうえでも役立った。

なお、同行したもう1人の参加者は本気で取り組み、インターバルでは息が上がって、水を飲むのもやっと、という運動ぶりを見せていた。

動作もわかりにくいながら、流れる音楽のテンポに応じて、なんとか手足を動かしていたことで、有酸素運動の効果があったようだ。終わったときはしとどに汗をかいていた。感想を聞くと、「動作をもっと丁寧に説明してほしいが、もう少し慣れれば楽しく体を動かせると思う」とのことだった。

体を鍛えられ、自分の腸の状態がわかるのが魅力

体験レポートの結論としては、かなり運動に対する感度や、意識が高い人向けのプログラムのように感じた。すなわち、運動に慣れていて、自分の思いどおりに体を柔らかく動かせる人、また、格好いい自分を目指してストイックに努力できる人、などだ。

専用グローブ(写真上)は6000円(税別)、専用シューズ(下)は4500円(税別)で購入するか、300円でレンタルする(編集部撮影)

しかし確かに、パンチやキックの動作は日常生活ではなかなかすることがない。格好よく決められるようになったら、ストレス発散にも役立つように感じた。

加えて同プログラムでは、自分の腸の状態が数値としてわかり、改善していくことができる、というところに大きな魅力がある。ハードに体を鍛えたいというわけではなくても、興味を持つ人は多いのではないだろうか。

入会時の費用は入会金5000円に加え、マンスリーメンバー登録料1万円、会員カード発行料1000円がかかる(入会金と登録料はキャンペーンで無料になることも)。月会費は、月に30回通える「マンスリーメンバー30」が1万4800円、4回までの「マンスリーメンバー4」が1万2800円。キックボクシングに欠かせないシューズやグローブは購入するか、それぞれ300円でレンタルする必要がある。

ベンチャーバンクのほかのブランドと同様、3000円程度のトライアルレッスンを受講できるので、「ヨーグルトを食べる」などだけではなく、一歩踏み込んだ“攻め”の腸活をしたい人は試してみるといいだろう。

今回の美腸プログラムが好評であれば、他店に広がっていく可能性も高い。またベンチャーバンクによると、バーネススタイルの店舗も年度内に3~5店の出店を計画しているそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。