「暗闇フィットネス」なぜここまで人気なのか

「クラブ」代わりに通う音楽好きが続出

バイクエクササイズの専門スタジオ「FEELCYCLE」では、約50台のバイクがぎっしりと並ぶ(筆者撮影)

“暗闇フィットネス”が女性の間で密かにブームに

“暗闇フィットネス”が、健康や美容への意識が高い女性の間で密かにブームだ。文字どおり真っ暗な室内で、音楽にのって運動をする。エアロバイクなどの有酸素運動のほか、ダンスやボクササイズなどの種類がある。

エアロビクスがはやった時期もあるが、鏡の前でダンスをすることに気恥ずかしさを覚えた人は多いだろう。またスタイルのよいインストラクターや、周囲の人の目が気になって、自分の踊りや動きに集中できない、という人もいるだろう。自分の目も人の目も気にせず、思うまま体を動かせる暗闇フィットネスは、そんなシャイな人が多い日本人にぴったりなのだ。
日本における先駆者を自認するのが、バイクエクササイズの専門スタジオ「FEELCYCLE(フィールサイクル)」である。暗闇のなかでのバイクエクササイズというスタイルは、もともとはニューヨークが発祥で、ハリウッドスターやニューヨーカーの間でブームになったことから、全米に広まった。

日本では、2013年、フィールサイクルの運営会社であるFEEL CONNECTION(フィールコネクション)が導入。東京都内主要駅や大阪、名古屋などの主要都市を中心に展開を広げ、現在29店舗(4月末時点)。6月には高松店、渋谷店がオープンの予定だ。

フィールコネクションFEELCYCLE事業部長の武田宏信氏(編集部撮影)

「2013年当時から比べるとずいぶん美意識が変わり、昔は筋トレにネガティブな意識が強かったのですが、今はポジティブに捉えられるようになりました。また、フィットネスのバリエーションも広がっています。フィールサイクルも、導入当初はなかなか知ってもらえませんでしたが、数カ月から半年後でしょうか、“暗闇フィットネス”としてマスコミに取り上げられるようになってから、徐々に伸びてきました」(フィールコネクションFEELCYCLE事業部長の武田宏信氏)

会員数は非公開だが、20~40代の女性を中心に広がり、体験レッスン参加者は11万人を越えた。利用者は幅広く、16歳から70歳代まで。男女比は現在3対7ぐらいだが、男性の割合が増えてきており、また、男性のほうがより「ハマる」傾向にあるという。

次ページ有料のフェスイベントに4000人が集まる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。