「沖縄と核」の歴史、戦後の知られざる真実

恩納村に中距離核ミサイルが配備されていた

かつて「メースB」が配備されていた場所(NHK提供)
ピーク時1300発の核兵器が沖縄にあったという事実をご存じでしょうか? 米軍占領下、核基地となった沖縄の真実を、アメリカで発掘した資料と当事者たちの証言をNHK沖縄放送局ディレクターの松岡哲平氏らが取材。NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」(2017年9月)でその内容が放送されました。番組で伝えきれなかった事実を盛りこんだ「沖縄と核」を一部抜粋のうえお届けします。

沖縄北部、真っ青な珊瑚礁の海が広がる恩納村。リゾートホテルが建ち並ぶ海岸から1kmほど離れた山中に、奇妙な形の建物がある。

その建物が見えてくると、男性は車いすから立ち上がり、杖を使って歩き始めた。道はアスファルトで舗装されているものの、少し傾斜がついているため、歩幅は小さい。間もなく梅雨明けが宣言されるはずの6月末の沖縄は、太陽が照りつけ、蒸し暑い。男性の背中は、汗でびっしょりと湿っている。

視線の先にある建物は平たいコンクリート作りで、高さは5メートルほど。高さの割に、横幅が異様に長く、100メートルほどはあろうか。まったく同じ形の六角形の「穴」が横一列に8つ並んでいる。建物の全景が見えるところまで来ると男性は立ち止まり、首を横に振りながらつぶやいた。

「当時ここは戦争のただ中にあった。今は、何て静かなんだ。こんな風になるとは夢にも思わなかった……」

アメリカ空軍の兵士として駐留

男性の名はロバート・オハネソン氏(74)。1960年代初め、アメリカ統治下の沖縄で、アメリカ空軍の兵士として駐留していた人物である。

オハネソン氏がおよそ半世紀ぶりに訪れたこの場所は、当時、アメリカ軍が開発した中距離核ミサイル、「メースB」が配備されていた秘密基地であった。メースBの射程距離はおよそ2400キロで、ソ連の一部と中国大陸の大部分がその攻撃範囲に入る。核弾頭の威力は1メガトン。広島型原爆(15キロトン)のおよそ70倍の威力を持っていた。8つ並んでいる六角形の「穴」は、その発射口であった。

オハネソンが「こんな風になるとは」と言って驚いたのには理由がある。

次ページなぜ驚いたのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。