男が「婚活を始めるきっかけ」は意外なものだ

それまで結婚を意識していなかったのに…

真剣に結婚を考えるようになったきっかけは、身内に起こったある出来事でした(写真:マハロ/PIXTA)  
「なぜもっと早く結婚を意識しなかったのか」。面談にやってくる30代後半、40代、50代の初婚者と面談すると、いつも思う。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「それまで考えなかった結婚を決意するとき」だ。

「限りある命」を次につなげたい

「一昨年まで、結婚するつもりはなかったんですよ。ただここ1、2年の出来事が気持ちを変えたんです」

この連載の一覧はこちら

面談にやってきた大林守(37歳、仮名)は、言った。身長175センチ、体重は100キロ近くあるだろうと思われる巨漢だったが、話しながら顔をクシャクシャにしてよく笑うので、とても人懐っこい印象を受けた。

まったく結婚する気持ちのなかった彼が、なぜ婚活を始めようと決意したのか。

「一昨年、一族の中で“最強”と言われていた祖母が、がんで亡くなったんです。80を超えても矍鑠(かくしゃく)としていて、何でも食べるし、足腰もしっかりしていてよく動いて家事もしていた。“おばあちゃんは100歳まで生きるね”と家族の誰もが思っていたのに、病気には勝てなくてあっけない最期でした。

さらに去年、母ががんになったんです。幸い発見が早かったので、治療をして元気になり、今は経過観察の時期に入っているんですが。年を取れば重い病気にもなる。あっという間に最期を迎える。家族っていつまでも元気でいるわけではないんだな、というのを実感したんです」

次ページ人の命は限りあるものだと改めて実感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT