「3回の壁」を越えられない婚活男性の共通点

デートの割り勘は、アリなのかナシなのか

お互いを知るべくデートを重ねるうえで、真剣交際に入れるかどうかには「3回の壁」というものがあります(写真:tomos/PIXTA)
お見合いをして交際に入っても、1、2度食事をすると、その後が続かずに交際終了になってしまう人たちがいる。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「お見合い後、交際から結婚につながらないのはなぜか」を考える。

3カ月ほど前、大木康司(38歳、仮名)が入会面談にやってきた。大手相談所で1年活動をし、お見合いは20回近くしたのにうまくいかなかったという。

「その中で、8人とは交際に入れたんです。でも、1度か2度食事をするとその先が続かなかった。僕が断ったり相手から断られたりすることもあったけれど、互いに連絡を取らなくなって、最終的に交際終了になったこともありました」

立ちはだかる「飲食3回の壁」

有名私大を卒業し、都内のメーカーで働いていている康司の年収は600万円。身長170センチにスリムな体型で、清潔感のある風貌には好感が持てる。お見合いは“条件ありき”の出会いなので、彼の見た目、年齢、年収があれば、お見合いはスムーズに組めるだろう。

この連載の一覧はこちら

しかし、その後の交際が続かない。

「お見合いに“飲食3回の壁”があるのをご存じですか?」

私は、康司に尋ねた。1時間程度お茶を飲みながらのお見合いの場合、“話しやすかったな”と思っても、お相手の人柄まで把握することはできない。交際に入って一緒に食事しながら会話を交わすと、印象がガラリと変わることがある。

一緒に食事をしたときに、そのマナーが受け入れられないこともある。クチャクチャと音を立てて食べたり、運ばれてきた料理をシェアもせずに黙々と自分だけで食べてしまったり。マナーに気になるところがあると、交際は1度の食事の後に終了となる。

次ページ2回目で終了になる「可もなく不可もなし」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT