甘やかせることと躾けることは、両立する

思う存分甘やかすが、絶対に子供に下手に出ては駄目

子供には子供の世界がある

「厳しい躾」との線引きに悩んでおられるようですが、別に厳しくなくても良いのではありませんか。甘えをたっぷり受け止めながら、他人に迷惑をかけないマナーやよい生活習慣を身につけるための躾を、みなさん根気よくしておられますよ。

私の場合は躾を、まだ早いと後回しにしたり、自分でさせるべきことを私が先にやってしまったりして、結果的に子供たちには随分苦労させてしまいましたが。

「些細な環境の変化」でご機嫌が悪くなるのも普通ですね。大人にしてみれば「些細」でも、子供の目からすれば些細ではなく、戸惑いを堪える子、機嫌が悪くなる子などさまざまです。私にも今思い出せば些細なことですが、いろいろ面白いことがありました。

末っ子が幼稚園児のときに、高原への春合宿で夜が寒いので、ジャージーの上着着用との指示がありました。2日後、初夏のような熱い昼下がりにバスから降りてきたジャージーを着たままの息子は汗をタラタラ、ゆでダコのように真っ赤な顔をして泣きたいのを我慢しています。先生がどのようになだめても、シャワーの時以外は絶対にジャージーを脱がなかったそうです。先生いわく「お肌をみせるのが恥ずかしかったのね、きっと。子供っていろいろですよ」。

またある時は、今でこそグローバルエリートのどうのと、大きいことをのたまっているムーギーですが、祇園祭の宵山へ行ったときのことです。大丸前の草野宝石店の前で、ネックレスを買ってほしいと言ってその場に座り込んで泣き叫びます。1㌢に付き1万円もするクワガタを2匹も父親から買ってもらった帰り道での出来事で、この子が欲を出した時は、ちょっと手がつけられない時期(小学校低学年)でした。

私「ここは京都でも有名な高級宝石店で、そんなおカネなんてない!」

息子の泣き叫び「家に大きい金庫があるーっ」

私「あれは金庫が立派なだけで、なかみは空っぽ!帰ったら見せてあげるから!それに男の子がネックレスなんて、人に笑われる!」

息子の駄々をこねた真剣な泣き叫び「クロマティーがネックレスしてるーっ」(確かに当時巨人軍で活躍していた、息子が憧れていたクロマティーはネックレスが似合っていました)。良きにつけ悪しきにつけ、大人にない発想をするのが子供です。

次ページ誰の遠慮もいりません
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT