高校は絶対に卒業するべきか?

授業が始まるとうつ症状になる娘

 グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわからず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、一般的な家庭ながら、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。

 

今日は、中学生まではリーダー的な存在で勉強もよくできた子供さんが、高校生になった途端、学業についていけず、授業が始まるとうつ病的な症状になる、とお困りのご相談について考えてみたいと思います。

【ミセス・パンプキンへの子育て相談】
 高校1年生15歳の娘が高校に入ったとたんまったく勉強しなくなり、授業についていけなくなりました。高校には行きたがり、先生や友達とのトラブルがあるわけではないのですが、授業が始まると具合が悪くなり、午前中はほとんど保健室で過ごしています。
 授業を受けていると、発汗動悸、吐き気、頭痛、イライラが募りじっとしていられなくなって貧乏ゆすりになります。1学期は辞めて働きたいと言ったので、社会の厳しさを味わい気づくために先生からの提案で、夏休みは休学させバイトをしました。「自分が甘い考えだった。学生が楽だし遊べるし、ちゃんと高校を卒業したい」、と2学期からまた学校に行きだしましたが、授業となると具合が悪くなり、調べているとうつ病の症状に近いのです。
 でも学校が終わればバスの最終まで遊んで帰るし、休みの日はほとんど家にいません。中学生まで何でも頑張るリーダ―的な子でした。自分の希望で進学校の公立に前期で合格し、人より1カ月早く受験勉強から解放されて塾もやめ、それから勉強はまったくやらなくなりました。
 高校生活が始まると勉強についていけなくなり、慣れない環境で戸惑い、見た目が派手になり、ヤンキーのような服装をするようになりました。親子でたくさん話し合ってきましたが、課題はまったくやらないし、受験を受け入れる状態ではありません。でも本人は高校は卒業したいと言っています。
 私は、ギリギリの成績でも進級して卒業できればいいから、できる範囲で頑張ろうと励ましてきましたが、本人の気持ちと行動はまったく違うところにあるように感じています。どうしたら勉強意欲を少しでも取り戻してくれるかと、思いすがる気持ちでここにきました。当方は母子家庭で、私は自宅で仕事をしています。

 

<パンプキンからのコメント>

まず病気か単なる怠け心かの判断を

私には身に余るご相談内容ですが、「思いすがる気持ちでここにきました」と書いてくださっていますので、私なりに何らかの形で取り上げさせていただくべきだと判断しました。

次ページまずは医師の診断を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT