「男性選び」が「中小型株投資」に似ている理由

婚活女子が「年収」より重視する結婚の条件

最近注目されているのは、企業に勤めながら自分で事業をしているようなパラレルワーカー、副業をしている人たちです。これは、「分散投資」的で、リスクも抑えられていて結構いいのではないかなと思います。

上記はあくまでも私の勝手なイメージで、もちろん職業だけで相手を判断することはないと思います。しかし、こういう風に男性を見ている女性は、少なくないでしょう。

気持ちより条件を追求しすぎて、婚活疲れする人も

さて、ここまで書いてきて、と言われそうですが、では、そんな婚活市場から抜け出して、旦那様とゴールインした女性たちは、本当に職業や年収で選んでいるのでしょうか。

実際、彼女たちに「彼のどんなところが好きか」その本音を聞いたところ、「話が合うから」、「物知りで勉強になるから」、「穏やかだから」という意外な答えが返ってきました。要は、彼女たちは職業や収入はある程度考慮するものの、結局、私の知る限りでは、それを第一に挙げる人はいなかったのです。

例えばスタイル抜群の長身美女の友達は、結婚前こそ「自分より身長の高い人」「クレジットカードを渡して自由に使わせてくれる人」と言っていましたが、実際に結婚した相手はなんと、自分より10センチ以上低く、中堅企業勤務で収入もそこまで高くない男性だったのです。当然、好きにクレジットカードなんて使わせてくれません。

話を聞いていると、ご飯を作ってくれたり、掃除もしっかりしてくれる。そのうえ、仕事帰りにはお土産を買ってきてくれるなど、とても優しいんだそうです。「うちの旦那、薄給なのー!」と半ば自虐気味に言う姿も、なんだか幸せそうでした。

結局、彼女が本当に求めていたものは、自分が口に出していたこととは違ったようです。一般的にいわれる収入や職業などは、表向きの条件として数値や固有名詞で設定しやすく、女性も口に出しやすいのです。しかし、それが本心ではなくても、いつしかその条件に縛られてしまう人が多いのかもしれません。

上記の例を踏まえると、婚活中の女子は「婚活」という言葉に縛られて、どうしても、「気持ち」の部分より、メディアや周りに影響を受けすぎて「頭」で見てしまう人が多いような気がします。

実際、「婚活に疲れた」という友達も、たくさんいます。私自身も30歳を過ぎて結婚していないため、家族や友達から「結婚しないの」と言われることが増え、焦りを感じていました。しかし、焦って結婚することを第一に考えていたら、男性のすべてが条件の羅列のように見えてきてしまい、嫌になったことがありました。今では、結婚はしたいときに、「たまたまいい人に巡り合えたら、結婚しよう」と軽い気持ちでいることにしています。

次ページ結婚も投資も焦れば焦るほど、失敗しやすい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。