「男性選び」が「中小型株投資」に似ている理由

婚活女子が「年収」より重視する結婚の条件

では、投資信託を選ぶ場合のリスクをどう考えればいいでしょうか。

リスク水準で大まかに分けると3つ

リスクの大きさで分けると、大まかに言って、下記のように分けることもできます。

・低リスクで安全運行を望む「安定型」
・ある程度のリスクを覚悟しつつ少し責めたい「安定成長型」
・ハイリスクでアクティブな運用の「成長型」
(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

上図をみてください。これは三菱UFJ国際投信が設定・運用しているファンドの説明資料ですが、ここにある標準偏差とは、値動きの荒さを不確実性の度合いとして示すものです。つまり、この数字が大きいほど、変動率(ボラティリティ)が高く、値幅の動きが大きいということです。

投資を始めるときは、それぞれの期待リターンとリスク許容度を考えながら、選ばなくてはいけません。自分の目的やライフスタイルに合わせて、安定したファンドを選ぶことが大切だと思います。

例えば、投資初心者であまりリスクは取りたくない場合、リスクの低いインデックスファンドなどに投資する。すでに投資経験者で、多少のボラティリティも許容範囲という方は、リスクの高い新興国株式ファンドという選び方もできます。自分の考えや好み、状況に応じて商品を選択する。これは結婚でも似たようなものではないかと思います。

次ページ女性は年齢を重ねるほど、条件にシビアに?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。