37歳月収70万円女子が陥った自分投資のワナ

年収が結構あっても「毎月赤字」では続かない

37歳で月収「手取り70万円」の独身女子。毎月赤字になってしまうのはなぜ?自分へ「過剰投資」していませんか(写真:maroke / PIXTA)

今回、私たちファイナンシャルプランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、センスの良い服に身を包み、ファッション誌から抜け出たような容姿端麗のR子さん。独身、37歳ということなので、てっきり「資産形成のお話を?」と思いきや、なんと相談内容は「毎月赤字で貯蓄が底をつきそうなんです!」というものでした。

なぜ月収70万円で、毎月赤字が10万円になるのか

R子さんのお仕事は、フリーのファッションスタイリスト。なるほど、抜群の服のセンスも理解できました。30歳で独立して7年。仕事は順調に増え、有名アーティストなどから指名が入るほど、すばらしい活躍をしています。フリーなので、毎月の収入は安定しないとはいえ、コンスタントに毎月手取り70万円は稼げているようでした。でも、R子さんの家計を拝見すると、なんと、ほぼ毎月が赤字です。月に手取り70万円も稼いでいるのになぜ、毎月赤字なのでしょうか?

R子さんのお話を聞きつつ、家計簿を詳しく見てみました。すると、赤字額は毎月5万円から10万円ほど。貯蓄を取り崩して補塡している状態が続いているため、いつのまにか貯蓄が底をつきそうになってきたということです。これはピンチです。

当然、支出の内訳を見てみました。すると、収入の半分以上の40万円程度がなんと、洋服代と化粧品代とで消えていました。仕事柄、ファッションとメークの研究は仕事柄必要なので、そこには惜しみなく投資をしてきたそうですが、欲しいと思うと、すぐにクレジットカードで支払ってしまうとのこと。気がつけば、毎月のクレジットカード請求額が少ない月でも30万円、多い月は40万円以上にものぼっているということです。

R子さんは個人事業主なので、こうした支出は普通のサラリーマンと比べれば、多めに経費に計上できますが、さすがに適正な範囲内での限度があります。さすがに本人も使いすぎているという自覚はあるのですが、なかなか減らせない。しかも、R子さんの赤字の理由はもう1つあったのです。

次ページR子さんのもう1つの赤字の理由とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。