「男性選び」が「中小型株投資」に似ている理由

婚活女子が「年収」より重視する結婚の条件

しっかりした女性は、出世する男を「長期保有」しているかもしれない(写真:Mills/PIXTA)

皆さんは異性と交際、そして、結婚というとき、どういう観点で相手を選んでいますか。仲のいい友達同士でも、本音で話せることはなかなかないのではないでしょうか。

私はフリーアナウンサーになるべく、北海道から上京して早4年ちょっと。大都会の刺激的な毎日を楽しむ中で、「東京の婚活・恋愛事情」にかなりカルチャーショックを受けました。

例えば、東京だと恋愛関係や親しい友人関係でなくても、支払いを男性がしてくれることが多く、これにはびっくりしたものです。なぜなら、北海道だと老若男女が集っても8割以上が割り勘だったため、東京に来てもいつも普通にお財布を出していました。もちろん、男性ウケを狙って言っているわけではありません。

「結婚相手の見定め」は企業研究に似ている?

私はフリーアナウンサーになってから、経済分野に興味を持ち、マーケットや資産運用について勉強しています。そんな中、東京で知り合った「婚活中の独身アラサー女子たち」と話していてよく感じるのが、「婚活は、投資にかなり似ている」ということです。

どこが似ているかというと、特に「企業研究(相手が男性の場合、性格や職業、財政状態など)が必要なところ」といった点です。結婚は、自分の将来に大きな変化や影響をもたらします。ですから、幸せな将来が送れるように、きっちり見定めておく必要があります。これは男女双方にいえることでしょう。

以前、女性の友達数名に「何のために結婚するのか」と聞いたところ、「安心」「安定」という意見がほとんどでした。つまり、多くの女性は、パートナーがいることで寂しい思いをせず、安定した生活を送るために結婚したいのだと改めて実感しました。

次ページできる女は株価が150倍になるような「いい男」を探す?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。