腰を守る「新パンツ」が腰痛ゴルファーを救うか

ミドリ安全が一般消費者向けに初めて販売

この商品が、ミドリ安全にとって初めて展開する一般消費者向け商品となる(筆者撮影)

この腰部保護パンツ、先述したシニアツアーを主管し「腰痛」にも詳しいPGAと同社が共同で開発したものだ。

ミドリ安全の松村不二夫社長は「PGAの倉本(昌弘)会長と出会い、腰の不調でゴルフをやめる人もいると聞いた。

産業界で培ってきた腰部保護の技術を活用できないか。働く人だけではなく、貢献できないかと考え、一般向けに初めて販売することになった」と話した。

PGAの倉本会長は、ゴルフ人口の減少が課題のゴルフ界の中で「若い人にゴルフを始めてもらいたいという以上に、ゴルファーがゴルフをやめないでほしい。腰、手首、肩といった体の痛みでゴルフをやめざるをえない人もいる。中でも腰への負担を軽減するこのパンツが、PGAの推薦品になりました」と説明した。

ゴルフ用に商品改良を重ねてきた

ミドリ安全では、パンツに腰部保護具を付けて一体化するのは、運送業など産業界を対象に2013年頃から開発してきたという。開発責任者の佐古かがり氏は「ゴルフでは例えば、外すときにバリバリと音が出るとマナー違反、保護具然としたものは好まれない」とゴルフ用として一昨年から試行錯誤してきたそう。

出来上がった腰部保護パンツは「腰部保護ベルトにBOAシステムを採用して(ダイヤルを回すことで)締め付けたり緩めたりをワンタッチでできるようにした。腰から尻にかけてプリーツ構造で伸び縮みする。股部をフル開脚仕様にして開脚したときの突っ張りを軽減した」(佐古氏)のが大きな特徴になった。

実際に試したプロによると、ベルトが一体型になっているので、コルセットやサポーターの上や下にパンツをはく違和感がなくなるという。

2017年からPGAのティーチングプロ13人のスイングテストを腰部保護パンツ使用の有無で実験し、装着時に腰への負担が平均8.3%軽減されたことがわかった。一般ゴルファーら1万人へのインターネットアンケートでは、40代以上の41%が腰痛に悩んでいるという結果もあり、需要も見込まれる。

次ページ気になる販売価格は約2万円
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。