東京五輪ゴルフ会場で開催1年半前に残る不安

霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースが公開

10番ホールでティーショットを放つ小林浩美氏(筆者撮影)

2020年東京オリンピックのゴルフ競技の会場、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部(CC)東コース(C)が、2月25日に初めてメディアに公開された。2015年から約1年をかけて全面改修した姿を公開するのは初めてだったので、取材に行った。

第1部は、倉本昌弘・オリンピックゴルフ競技対策本部強化委員会委員長(日本プロゴルフ協会会長)、小林浩美・同副委員長(日本女子プロゴルフ協会会長)、中嶋常幸同本部2020東京企画・準備委員会委員(プロゴルファー)の3人が、10、11、18番の3ホールを実際に回って、コースについての感想などを話すという趣向だった。男女ツアーで3人合わせてツアー93勝(海外含む)している。

いずれも日本ゴルフ界の往年の名プレーヤーだけに、100人以上のメディアが集まった。改修前は見たことがあるが、改修後は初めて見る。最も変わったのはグリーン。もともと、本グリーンと冬用のサブ・グリーンの2つのグリーンがあったが、大きな1つのグリーンになっている。

グリーン上は難易度が高い

10番のパー3はこのコースの名物ホールでグリーンの手前に大きく、深いバンカーがあるが、グリーンが大きくなったので「奥を使える」(倉本委員長)、「手前のバンカーに入れる選手はいないんじゃないかな」(中嶋委員)と、世界のトッププロにはあまり効かないかもしれない。

バンカーショットを放つ倉本昌弘氏(筆者撮影)

ただ、グリーンのアンジュレーション(起伏)がかなりつけられていて、グリーン上は難しそうだ。

「横長なので、ピンがどこに切られるかによってそのエリアに落とす縦の距離感が必要」(小林副委員長)、「アンジュレーションがあっても、ピンを切るスペースがたくさんあるのでチャレンジし甲斐があるのでは」(中嶋委員)など、3人が感想をメディアに伝えながらのプレーだった。

11、18番はミドルホールでドライバーを打ったが、3人ともシニア(50歳以上、男子プロ)、レジェンズ(45歳以上、女子プロ)の世代。今の男女ツアーの選手とは飛距離が違う。「ドライバーは使わなくても十分」(倉本委員長)と漏らした。小林副委員長は「今の人たちならこの辺まで来る」と、自分の打ったボールを前に動かして次のショットを打っていた。

次ページ世界のトップ選手のプレーは未知数
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。