東京五輪ゴルフ会場で開催1年半前に残る不安

霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースが公開

暑さに弱いのは人間だけではない。芝も同様だ。昨夏は暑さで、「芝が焼ける」と言われる、とくに短く刈っているグリーンの芝が枯れるコースが全国で多く見られた。

会見での集合写真(筆者撮影)

オリンピックとなれば、グリーンでのボールの転がりを速くするため、ギリギリまで芝を刈るので、一層暑さの影響を受けやすくなる。

「まだIGF(国際ゴルフ連盟)から具体的な指示はありません。去年は多少傷みが出ました。2週間コンディションをもたせるのに、いまのところは特別な管理、手段はとっていません」と霞ヶ関CCのグリーンキーパーを務める東海林護さんは話した。男女の練習ラウンドも含めて、猛暑の中で2週間維持するのは困難な作業だ。

輸送の問題も具体策を聞けなかった。観客については公共交通機関の利用を最優先にする。最寄のJR川越線笠幡駅から徒歩15分ぐらいなのだが、単線で通常の本数は少ない。都内から「オリンピック列車」でも走らせないことには、2万人以上をスタート時間7時半(予定)に間に合わせることは無理だろう。

ほかに私鉄駅があるが、こちらは20~30分ほどのバス輸送になる。コース周辺の道路は片道1車線の生活道路でもあり、通常でも渋滞がある。周辺住民の生活を優先しないといけないので、ルートの確保は難しそうだ。

選手の輸送についても検討段階

「選手には(東京都中央区にある)選手村への宿泊をお願いしたい」(立石泰隆・東京2020組織委員会ゴルフ競技スポーツマネージャー)というので、選手の会場入りが大きな問題だ。霞ヶ関CCの最寄は圏央道鶴ヶ島ICから5㌔、約8分となっている。「(高速道路に)専用レーンを設けるか、車の通行量を減らすか、まだ決まっていない」(中村局長)と、こちらも具体策を聞けなかった。

個人差はあるが、選手はスタートの2時間ほど前にはコース入りするのは普通。交通量が少ない時間帯ではあるが、先述したコースの周辺道路が少なく狭いのをどう工夫するのだろう。

次ページチケットはどうなるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。