「仕事の成功は夫のおかげ」と語る妻の"本心"

「主夫」と暮らし気づいた世間との大きなズレ

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。
数回に分けて「妻がメインの働き手、夫がほぼ家事育児をしている」という家庭を紹介しています。前々回は「夫が専業主夫になったワケと、そのときの周囲の反応について」(記事はこちら)、前回は「実際の家事育児分担と、専業主夫だった夫がパートに出るようになったワケ」(記事はこちら)、そして今回は、夫であるKさんのママ友事情や、妻である助宗さんが夫に感謝していること、について紹介します。

会社とかママ友から誤解を受けることも…

次ページ実態からかけ離れたイメージが独り歩き
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。