「仕事の成功は夫のおかげ」と語る妻の"本心"

「主夫」と暮らし気づいた世間との大きなズレ

キッチンに置かれていたこのワインや果物、Kさんのママ友からもらったものとか(写真:著者撮影)

この夫婦の家庭生活におけるモットーは「ほかの家族と違っていても、私たちが楽しくて、人に迷惑をかけていなければそれでいい」だそうです。

確かに、楽しげに暮らしていて、バランスがとにかくよさそうなこの夫婦。そのいいバランスを作っている理由の1つが、自分と真逆な相手のキャラをお互いに理解し合っているからなのだな、と取材を通してわかりました。

この夫婦でなくても、もともと正反対なキャラだから惹かれ合ったカップルは多いはず。でも、結婚したらその正反対な部分がイラつくようになって……というパターンも実際はよく聞きます。

そうなったときに、「何考えているかわからない! もういやだ!」で終わらず、

「何考えているかわからない! じゃあ、もっと話を聞いてみよう」
「自分の考えは違うと相手に伝えてみよう」
「キャラの違う相手に自分の気持ちを伝えるにはどんな方法がいいんだろう?」
「自分たちの真逆なキャラが生きる家事育児のベストなカタチはなんだろう?」

と考えられるようになったら、家族としてはきっと最強。

実際、恋愛で真逆な相手に惹かれるのは、生き物の生存戦略として、家庭に多様性があったほうがチームとして強いと本能が知っているからだ、という説もあります。

考えが合わなくて当然だから、一緒に考える

だとしたら、ただパートナーのグチを言い続けるよりは、その真逆な部分をどうしていくのかを一緒に考えたほうがいい。そのほうがきっと幸せになれると思うのです。

というわけで、今回学んだ「家族がつかれないためのヒント」は……、

パートナーと考え方が真逆すぎてつかれた

そもそもパートナーと考え方が合うほうがありえない。
考えが合わなくて当然、ということからスタートして、
お互いの不満が少ないカタチを探ってみよう!

 

次回は久々に海外編。フランス・パリ在住のある夫婦の家事育児について紹介します。パリ育児のリアルを探ります。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。