「ブラインドサッカー」日本代表エースの戦い方

2020年東京大会のメダル獲得に必要なもの

2013年の日本代表デビューから目覚ましい活躍を見せてくれたブラインドサッカーの川村怜選手。今回、来年に控えたパラリンピックへの抱負と意気込みをお聞きした。

5歳のときに患ったぶどう膜炎の影響で、視力を失った川村怜さん。一度はサッカー選手になる夢をあきらめたものの、大学進学後にブラインドサッカーを始めたところ、みるみる頭角を現し始めた。

ブラインドサッカーとは、その名のとおり、視覚を奪われた状態でプレーするサッカーで、パラリンピックの公式競技だ。フットサル(5人制サッカー)を基にルールが構成されており、障害の程度によって2つのカテゴリに分かれている。ゴールキーパー以外は全盲の選手がプレーするのが「ブラインドサッカー」。弱視の選手が主にプレーするのが「ロービジョンフットサル」だ。

川村さんは全盲と診断された2013年に日本代表デビューを果たすと、さっそくブラジル戦でゴールを奪う快挙で話題に。現在はキャプテンとして代表チームを率い、昨年は強豪イランとの9回目の対戦で初勝利を収めたばかり。この大会では8得点をマークしてゴールデンブーツ賞に選ばれるなど、いままさにノリにノッているアスリートの1人だ。

そんなブラインドサッカー界のエースは、来年に迫った東京パラリンピックに向け、いま何を思うのか? その近況と胸中を乙武洋匡が直撃した。

日本におけるブラインドサッカーをとりまく環境

乙武洋匡(以下、乙武):いよいよ来年、東京にパラリンピックがやってきます。ブラインドサッカーの日本代表は、いままさに上り調子と言えそうですが、普段の練習はどこで行っているんですか?

川村怜(以下、川村):ナショナルトレーニングセンターや都内の施設など、日替わりで移動しています。試合ではコートにサイドフェンスが設置されるのですが、練習のときはそうした設備のない、普通のサッカー場やフットサルコートで行っています。音が出るボールさえあれば、とりあえずどこでも練習はできるので。

この連載の一覧はこちら

乙武:そのあたり、日本と海外ではやはり練習環境は異なるのですか? できれば試合のときと同じように、フェンスを立てて練習するに越したことはないですよね。

川村:ブラジルやアルゼンチン、あるいはヨーロッパの国々は、ブラインドサッカー専用の練習場が整備されているところが多いです。とくにベルギーなどは、国を挙げてサッカー文化を育んでいるので、一般競技のクラブハウスの中に専用コートがあったりしますね。国のリーグの傘下にブラインドサッカーという競技があるんですよ。

次ページ専用競技場は現在国内に1つもない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT