変わりゆく「箱根駅伝」の“現在地点”

熱戦を控える選手たちのクールな本音

今季は駅伝主将を務める大迫だが、チームとは完全な別メニューで、スピードを磨いてきた。日本選手権1万mで学生トップの2位に食い込むなど、トラックの主要レースでは日本人学生ランナーに無敵を誇ってきた。「2016年のリオ五輪まではトラックで行けるところまで行きたい。トラックで勝負するために米国へ行きます」という大迫は、来季から練習拠点を米国に移すため、今季はその“移行期間”として取り組んできた。これまで2週間程度の米国合宿を2度行い、箱根駅伝の前に約4週間のロング合宿を敢行した。

渡米前の大迫に直撃すると、「箱根駅伝ですか? 個人としての目標は特にないですけど、チームとしては総合優勝を狙っているので、チームに貢献できる走りがしたいです」という優等生的な答えが返ってきた。しかし、どういう思いで最後に箱根に臨むかと問うと、「素直に言ってしまうと、求められる答えはできないですね。ただ、同学年で競技を終える選手もいるので、総合優勝してみんなでいい思い出が作れたらなと思います」と話した。言葉にこそしなかったが、すでに世界大会を経験している大迫の中で、「箱根駅伝」は“特別”な大会ではなくなっている。

「過去2回の米国合宿では試合の調整もあり、本格的な練習はできませんでした。でも、今回は本格的な練習ができると思います。どういう練習をするのかわかりませんが、これまでとは違うかたちで箱根駅伝を走ることになるでしょう。どんなかたちになるのか。帰ってきたらわかると思います」(大迫)。

大迫の区間に対して、渡辺監督は「花の2区はないでしょう」と話しており、学生界のエースは1区か3区での登場が有力だ。箱根駅伝の“聖域”というべき、「花の2区」を走ることがステータスであった時代は変わりつつある。

「エースは2区」という考えは古いのか

71回大会(1995年)で当時大学3年生だった渡辺康幸(早大OB)は2区で区間新記録を樹立。翌年も2区を走り、区間歴代2位の好タイムを刻んでいる。当時の2区はエースたちが集結して、力と力をぶつけ合う華やかな区間だった。アドレナリン全開で臨むエースたちの激突は、数々の名勝負を生んできたが、近年は「花の2区」を回避するエースたちも出てきている。

ロンドン五輪代表にもなった竹澤健介(早大OB)はコンディションがよくなかったこともあり、3・4年時は3区に出場。5000m13分21秒49(学生歴代4位)の記録を持っていた上野裕一郎(中大OB)、3年連続で区間新を樹立した佐藤悠基(東海大OB)は、一度も2区を走らずに卒業した。1万mで27分44秒30の日本人最高記録(当時)を樹立した鎧坂哲哉(明大OB)も腰痛の影響で、最終学年は10区に回った。10年ほど前なら、「何がなんでも2区で勝負してやる」というエースが大半だったが、近年のエースたちは非常にクールだ。無理に大役を担うのではなく、自分が勝負すべき区間を望む傾向が強い。

次ページ「山の神」への生贄
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT