ホノルルマラソン“バブル”ははじけたか?

日本人が過半数を占める楽園マラソン事情

日本人出場者でごった返すホノルルマラソンの実情は刻々と変わりつつある(写真:ロイター/アフロ)

楽園マラソン。世の中には、こう表現されるレースがある。世界で最もメジャーな楽園マラソンといえば、毎年、12月の第2日曜日に開催されるホノルルマラソンだ。今年は12月8日。そう、まもなく行われる。

先ほど「世界的」と書いたが、本気のランナーからいうと、ホノルルマラソンの評価は高くない。いちばんの理由は、温暖な気候ゆえにタイムが出にくいからだ。そのため、世界トップレベルの選手がホノルルでガチンコ対決することはほとんどない。しかし、この日本では、ホノルルマラソンの人気はすさまじいモノがある。

ご存じの方も多いが、ホノルルマラソンは日本からの参加者が突出している。ホノルルマラソン期間中にワイキキを歩いていると、よく知り合い(ランナー仲間)に遭遇するほどだ。具体的にいうと、昨年(2012年)はエントリー約3万1000人のうち、過半数の約1万6000人が日本人だ。

この数字がどれぐらいすごいのか。規模や雰囲気などから考えると、日本ではNAHAマラソンがイメージに近い。しかし、ホノルルマラソンの1週間前に行われるNAHAマラソンは、昨年約2万8000人がエントリー。沖縄県外の応募が約1万人で、海外はたったの376人だった。

この数字を見れば、ホノルルマラソンの“異常”ともいえる実態を理解できると思う。ちなみに沖縄県那覇市で開催されるNAHAマラソンのサイトは、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応している。もし、NAHAマラソンの参加者約2万8000人のうち、約1万5000人が中国人だったらどうだろう。ちょっと想像を絶する世界になるだろう。これと同じことを、毎年、日本人がホノルルで行っていることを、まずは知ってほしい。それがイイか悪いかは別として。

小さな異変?

現在も大人気のホノルルマラソンだが、近年はそのパワーが徐々にダウンしている。昨年(2012年)のホノルルマラソンは40回記念大会で、しかも円高ということもあり、日本人の出場意欲を刺激させる材料があった。しかし、10年スパンで考えると、2006年大会をピークに、日本人選手の参加者数は減少している。2006~2012年大会のエントリー状況は次のとおりだ。

次ページ変わるスポンサー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT