アシックス、ナイキに挑む?チヨダの胸算用

靴小売りがPBでランニングシューズに参戦

2月24日(日)の開催で7年目を迎える「東京マラソン」。世の中の関心を広く集める、このイベントをきっかけとして、火が点いたランニングブームは、いまだ衰えていない。2011年、国内の成人ランニング人口は1000万人を突破(笹川スポーツ財団、推計)。各地でマラソン大会が新設されるなど、関連市場は活気づいている。

中でも恩恵を受けているのが、ランニングシューズだ。拡大する需要を、日本が生んだ世界的なスポーツブランドであるアシックスを筆頭に、国内大手のミズノ、米ナイキ、独アディダスが奪い合う。

このグローバルブランドがしのぎを削る“激戦区”に、意外な日の丸プレーヤーが現れた。チヨダ。「シュープラザ」、「東京靴流通センター」などを日本国内で1100店以上展開する靴小売り大手である。

6615円で年間8万足を狙う

チヨダは1月22日、ランニングシューズ市場に参入すると発表した。自主企画のPB(プライベートブランド)である「セダークレスト」を冠した「セダークレスト・ランニング」を1月28日に発売する。価格は6615円。モデルの西山茉希さんや人気タレントのスギちゃんなどを起用してキャンペーンも積極的に展開し、年間8万足、約5億円の販売を目標にしている。

ただし、ビジネスシューズや街歩きのスニーカーならともかく、靴小売り店のチヨダがランニングシューズに殴り込みをかけるのは、一見すると無謀な挑戦にも見える。

次ページランニングシューズの難しさとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。