カシオが電子看板に参入する真意

コンテンツ提供にも触手

「いらっしゃいませ」「本日はリンゴが150円です」。

親しみやすいイラストのキャラクターが店頭で客を迎え入れる。スマートフォンをかざせばクーポンがもらえ、スクリーンをタッチすれば安売り情報もわかる――。「デジタルサイネージ」と呼ばれる電子看板市場に、新たなプレーヤーが参入した。

カシオ計算機は11月26日、デジタルサイネージ市場に参入すると発表した。第1弾として、来年1月から日米英の3地域で、飲食店やスーパーマーケット、アパレルショップなどの小売業向けに「カシオサイネージ」(=上写真=)の製品名で販売を始める。

裏側から投影する

カシオサイネージは、プロジェクターで小型スクリーンに映したキャラクターが商品情報を話す。日、英、中、韓の4カ国語に対応しているのが特徴で、キモとなる光源はカシオの既存技術を生かし、寿命を2万時間(従来の水銀ランプでは2000~4000時間)に延ばし、開店から閉店まで「点けっぱなし」が当たり前という需要に対応した。

「もともと光源寿命が長いプロジェクターを店頭で使いたいという話はあった」(カシオ広報)ことが、この新事業立ち上げにつながった。価格は機械やコンテンツ導入の初期費用を含めて1台100万円程度を予定しているが、具体的な売上目標は明らかにしていない。

いち早く銀行が興味を示す

すでに国内を中心に営業活動を開始しているが、「意外なことに一番早く興味を示してきたのは銀行」(沖室敏治・営業本部海外営業統括部副統括部長)で、最近外国人客が増え始めていることが背景にあるという。また、米国をはじめとする海外向けの販売は、来年1月に米ラスベガスで行われる家電展示会「CES2013」への出展を皮切りに本格化させる方針だ。

カシオが今回の新規参入で狙うのは、単にデジタルサイネージという製品を拡販するにとどまらない。同日、都内の記者会見で樫尾和雄社長が強調した「端末から新規事業を生み出す」という言葉にこそ真意が込められている。

次ページ顧客との長期的な関係築く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。